フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

10月12日 2名推薦の背景には・・・

いろいろな方から「自民党・現職、新人2名推薦は分かりにくい」、「どうなっても負けがない保身だ」などご意見をいただいております。

一定の方向性が定まったので、書ける範囲内で書きたいと思います。

 

まず、大前提として我々が「新人擁立」のために動かなければ、自民党金沢支部は「現職推薦でまとまっていた」可能性があります。

当初、誰も手を挙げなければ、自分たちのグループ(20年後の金沢を考える会)から擁立を考えていましたが、やる意思を持った方が複数名いたことを知り、「やりたい人がやるべきだ、その方々が手を挙げやすい環境にしよう」と活動の方向性を変えていきました。

もう一つ、大前提として、「なにがなんでも現職支持」という方々が党内にいたこともあり、しかも党の意思決定前にそれを紙面に書かれたことで、その方々も引き下がれない状況となり、かなり前から「党の意見の一本化」は難しいと思っていました。

 

新人を出したい我々と現職支持で引き下がれない方々、どちらも政治家としての信念に従った行動の結果だと考えています。

その信念を曲げさせて、無理矢理「意見の一本化」を図っていたら、党はバラバラになっていたと思います。

2名推薦はそんな党内事情があったからなのです。

決して「どう転んでも負けが無い状況」にしたかった訳ではありません。

 

今回分かったことは、「自由闊達な意見が飛び交い、自分の信念を貫くこともできる」、自民党はそんな政党だということ。

説明がないと分かりにくい面はありますが、現職支持で一色に染まるよりもいいと思いませんか?

今のところ書ける範囲内で書きました。またご意見お待ちしております。

10月8日 世代交代、是か非か。

昨日の今頃は自民党金沢支部の役員会。

馳代議士と下沢支部長の不出馬の報告と山野市議、安居市議の決意表明があった。

両氏の決意表明ではいわゆる「多選批判」は無く、これからの金沢のビジョンを語っていた。

とても熱意が感じられたpunch。是非実現させて欲しい。

 

支部として、「両氏による候補者一本化」という方向を打ち出した。

政策協議などを経て、一致する点を見出してほしい。

その上で候補者一本化は是非お願いしたいところ。

応援する力が分散することは避けたい。

 

「分散は避けたい」と書いたが、自民党金沢支部の全員が統一行動はできないだろうsweat01

党の決定が出る前に、現職推薦の行動を起こしている方々にとっては、やはり現職を応援して選挙をしたいだろうrock

一方で、市長選に意欲paperを示した自民党の仲間を応援したいと思う方々はそういう選挙をしたいだろう。

 

マスコミは「分裂選挙」と書き立てるだろう。

実際にそのことで仲が悪くなるのなら、"分裂"は当たってるのだろうが、それぞれの立場や政治信条、金沢に対するビジョンなど、一政治家の政治判断による選挙であれば、終わればノーサイドになるだろう。

「勢力争い」でなく「政策争い」の選挙、「実績」よりも「ビジョン」の選挙になることを望む。

世代交代も大きなテーマになろう。

山野、安居両氏とも40代shine。世代交代、是か非か。これも示されることになると思う。

9月10日 条例提出難航

「市長の在任期間に関する条例」の取り扱いに対し、会派内でのご理解を得るべく、いろいろと話し合いを重ねましたが、「どうあろうと、とにかくダメなものはダメ」的な議論にしかならない人もいて、会派での提出は断念せざるをえなくなりましたsweat02

ただ、議員としての条例提出権を止めることはできませんので、違うやり方での提出に向けて話を進めようと思います。

 

いやーそれにしても抵抗がスゴかったsweat01

法律上認められている条例提出権に対し、「他都市では議長がそれを”法を犯してでも”握りつぶした事例がいくらでもある」との発言も飛び出し、正直驚きましたcoldsweats02

法律を犯して権利を握りつぶした議会は具体的にどこにあり、それは問題にならなかったのか聞きたいくらいです。

捉えようによっては脅しにも聞こえる発言であり、残念な気持ちでいっぱいになりました。

 

条例の性格や及ぶ範囲、法律や憲法との兼ね合い、民主主義の基本原理や立憲主義の考え方に対する配慮など、もっと政策論として話し合いをする会派であってほしかった。

条例の中身については提出後に示しますね。

 

 

完全にグチっぽくなってるので、話題を変えましてhappy01

悪いことばかりじゃないんです。おかげさまでここ1週間くらいで4kgもやせたんです。

昨年の衆院選で5kg痩せて元に戻りcoldsweats01、今年の参院選で4kg痩せて元に戻りcoldsweats01だったので、今回の議会ではせっかく4kg痩せたので、維持するぞ!と意気込んでますscissors

7月12日 いちばん

参院選が終わりましたhappy01。石川県選挙区では岡田直樹さんが当選しました。

選挙戦の最終日、「この選挙は2番じゃダメなんです、1番じゃなきゃダメなんです。みなさん岡田直樹を1番にさせてください!」とうったえていたが、石川県選挙区の1番だけでなく、NHKの当確情報が全国1番でした。

これには驚きました。事務所の中も全国で1番最初の当確に湧きかえりました。

 

さて、この選挙で参院での与党の過半数割れが決まりました。

昨年のマニフェストから現実路線へと舵をきった与党との国会論戦が楽しみです。

真面目な政治が行われることを期待します。

7月9日 参院選ラストスパート

連日新聞やテレビでは参院選の獲得議席の予想が報道されている。

電話調査telephoneとこれまでの取材などから得た情報を加味penして予想しているらしいが、取材による「加味」はどの程度なのか気になってくる。

 

投票日直前の情報は良すぎても悪すぎても困るもの。

圧倒的に「良い」、つまりは投票先未決定の方々がどう動いても勝てる、というくらいに「良い」という情報なら安心感を抱いてもいいのだろうが、そこまでリードしていない段階での「良い」という情報は、陣営が緩むんじゃないか、判官びいきがおこるんじゃないかなど、むしろ不安感を持ってしまうcoldsweats02

 

かといって「悪い」、「やや悪い」という情報も目にしたくはないbearing

「横一線」という報道が一番我々にとって力が入る。

「取材による加味」がされていない情報が気になるところ、手に入れる手段はないものか。

そんな報道に一喜一憂しながらも、我々としてはやるべきことをやるだけだ。

 

ちなみに昨年の衆院選。

投票日当日の出口調査では、13~18ポイント負けという情報が入り、顔が青くなったshock

なぜなら比例復活もできないほどのポイント差だったからである。2区も3区も負けの情報だった。

でも蓋を開けてみたらご存知の結果であった。

 

どんな報道であっても最後まで勝負はわからない。

最後の一押しに頑張りたいrock

7月5日 参院選ラスト1週間

参院選のまっただ中。

公職選挙法が改正されず、詳しいことを書けないので、もともと頻繁でないsweat01ブログの更新がさらに少なくなっている。

 

野党としての初の参院選。苦しい中、候補者は歯を食いしばってがんばっている。

一方、与党側は連日大臣が金沢入りして、話題をさらっている。正直うらやましい。

 

ただ、話題作りや応援者の顔ぶれだけで選挙は決まらない。

電話がけ、集会など地道な活動をひたむきに続けるのみである。

 

あと一週間。とにかくひたすら前に進むだけだ。

 

それにしても、世の中の参院選熱は盛り上がっていないなぁとの印象がある。

それもこれも、W杯soccerが終わるまでの辛抱。終われば盛り上がるだろう・・・

と思っていたのだが、さっき新聞を見たらW杯の決勝戦は参院選投票日の翌日shock

このまま盛り上がらないってこともあるかもしれないcoldsweats01

6月23日 明日から参院選

韓国がW杯の決勝トーナメントへの出場を決めた。連日サッカーのニュースが流れ、気にしていなくても耳に入ってくる。

そして、相撲界の野球賭博問題も連日耳に入ってくる。

それだからなのか、参議院の選挙がイマイチ盛り上がってない印象を受ける。

党首討論の扱いも何だか小さい気がする・・・と言えるほどテレビは見ていないのだが。

 

いよいよ明日から参議院選挙本番である。だが、その日はサッカー日本戦。

ニュースの扱いは小さそうだ。

サッカーと同じくらい参院選も盛り上がって欲しい。

 

ガンバレ岡田JAPAN! ガンバレ岡田直樹!

6月14日 全国一斉街頭演説

昨日は自民党青年部・青年局の全国一斉街頭演説でした。

西田青年局長、高岩青年局幹事長と一緒に能登はかほくイオンで、加賀は野々市町役場前で、金沢は武蔵ヶ辻エムザ前の合計3か所で行った。

野々市と武蔵ヶ辻には岡田直樹参院議員も参加しました。

テーマは「拉致問題」

拉致実行犯のシンガンスの釈放を求める署名活動に同調し、署名を行った菅直人首相が拉致問題を解決できるのか!と訴えました。

ツイッターで全国の動きをチェックしながら、自分たちの活動もつぶやきました。

5月29日 参院選に向けて

社民党がこれほど話題にのぼるとは。やっぱり与党は違うね。

さて、基地問題airplaneの話題は置いておいて、日常の話。

 

世の中の参院選熱がなかなか盛り上がらないのに、私のスケジュールはしっかりと忙しくなっているwobbly

今日は街宣車busで使うテープの録音にいってきた。

前回の衆院選に続き、今回の参院選でも私の声がまちに響くことになる。

 

衆院選時には、「この前頑張ってたね~、声が聞こえたよ」的なお言葉を何人もの方からいただいた。

テープの声なのに各所で頑張ってるように言われて、なんだか得した気分というのが正直な感想だった。

 

今回は先にネタばらし。

でもちゃんと街頭演説もするので、街中で聞こえてきた私の声が全てテープと判断されても困るcoldsweats01

 

声がして、姿も見かけたら、ぜひ手を振ってくださいhappy01

3月26日 青年局のおしごと

党本部からの要請により、4月末に県内で青年局と女性局主催の街頭演説karaokeを行う予定。

本部からは青年局長の井上信二氏と女性局長の丸川珠代氏の来県が決まっている。

 

他にも応援弁士が駆けつけてくれるかもしれないが、そこはまだ未定である。

私としては、「美人すぎる人」と「怖い顔の人(幹事長)」をセットで見てみたいcoldsweats01

 

街宣を何処でどんな風に行うか、これから内容を詰めていくが、なにか面白いことができないか、検討中。

近くなったら詳細を報告しますhappy01

より以前の記事一覧