フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

4月29日 長靴は歩きづらい

GW初日、第15回かなざわグリーンウォークrunが開催された。

市民福祉常任委員会の委員として開会式に出席しなければならなかったので、それならばと家族サービスも兼ねてsmile、6kmのAコースにエントリー。

しかしながら今朝、家を出るときはひどい雨rain

こりゃ長靴だなと家族4人ともお揃いで出かける。

 

開会式の会場は金沢城公園新丸広場。

依然雨は降り続け、芝生はぐちゃぐちゃ。あー長靴にして良かったと喜んでいたhappy01

しかし、開会式の30分ほどの間に雨雲はどこかに去り、信じられないくらいいい天気sunに。

 

こうなってくると長靴は単なる「歩きにくい靴」であるshock

ゴールしたときには6km以上歩いたかのような疲労感だった。

12kmコースにエントリーしてなくてよかったsweat01

4月26日 「愚か者達」と戦う女性国会議員

相変わらず慌ただしいかったが、有意義な週末だった。

土曜日には大阪の吹田市議会議員がスタートさせた「竜馬プロジェクト」なる会合を持ち、全国各地から国を憂う若者たちが近江町交流プラザに集い、意見交換を行った。

参加者は大阪、京都、東京、千葉、広島、福井の現職議員や議員を目指す方など、超党派の若者たちgood

お迎えをした石川県側も自民系4人、民主系5人の超党派の若手市議団。

ちなみに今回来沢できなかったメンバーが全国にまだまだいるらしい。

 

日本の将来に危機感を覚え、行動を起こしている方が大勢いるという現実を知ることができた。

普段、金沢市内における活動では得られがたい刺激があり、とてもパワーを得ることができたhappy02

俺も金沢でますます頑張りたいと思う。

 

日曜日は自民党本部から「JIMIN NEXT」キャンペーンのため、青年局の井上伸治局長、女性局の丸川珠代局長virgo、参院選比例候補者の高階恵美子氏が来沢した。

金沢支部青年部長として意見交換会や街頭演説会karaokeなど一緒に行動をした。

移動のジャンボタクシーは丸川先生の隣に座る。

ちょっと嬉しかったことをばらしておくcoldsweats01

 

委員会での子ども手当法案審議において強行採決に踏み切った与党に「愚か者め!」と叫んだ丸川先生。

そんな力強さはジャンボタクシー内の雑談時には感じなかった。

しかし街頭での演説は実に分かりやすく、実に力強かった。とても勉強になった。

 

 

さて、昨日の沖縄での県民集会。仲井間知事も参加されたが、県外移設論者になったのかとの問いには言葉を濁した。

知事の苦悩が感じられる。

日本全体の安全保障政策のことを考えるなら基地は沖縄か沖縄近郊がいい。

面倒なものを沖縄に押しつければ良いという考えではない。

地理的条件を考えるとそこがベターだろうということだ。

今の沖縄の流れからいくと、今後、どんな政権が生まれても基地はNOとなるのだろう。

 

ここ最近、中国軍のヘリや艦船が沖縄周辺をやや挑発ぎみに行き来しているのはご存じだろうか。

このニュースよりも基地移設の迷走ぶりを取り上げるニュースばかりが目立ち、安全保障の本質論が抜けていることが気になってしょうがない。

自民だ民主だとやりあう立場でものを見れば、現与党が迷走して支持率を下げることは、自民党として良いニュースだが、日本という国の安全保障という観点からは良いニュースに聞こえてこない。

この問題は他国の軍事力の問題や領土問題など大局に立って論じるべきテーマであり、本来は政局にすべきでない。

今、政局テーマになっているのは民主党が選挙公約にしたからであり、これ自体すでに問題外で、責任はとる必要があると思う。

責任をとってはもらいたいが、問題は残ったままである。

超党派で解決する枠組みをつくって、早急にやらないと他国は待ってくれない。

4月20日 もっと自由にもっと素直に

上海万博のテーマ曲、使用許可を中国側が申請することでおさまりました。

これで、国を挙げての一大イベントである万博のテーマ曲の作曲者が「岡本真夜」と確定しました。

本人としては一応、名誉なことなんだろう。

中国としてはこういう騒動がおこったことだけでも不名誉なことと思ってるだろう。

 

作曲者から編曲者へと立場が変わった元作曲者、死刑大国の中国であってもこの騒動で命まではとらないだろうが、どんな処罰を受けるのかは気になる。

 

 

話は変わって基地問題。

先日の沖縄視察ではこちらから話を振らずともお会いした方々から自然に話が出てきていた。

みなさん口をそろえて「沖縄に基地はいらない」だった。

こうなってしまうともう「住民合意」なるものは得られないだろう。

徳之島も半分以上の方が反対集会に集まっている。

5月決着はできない可能性が日に日に高くなっている。

4月17日 寒い寒い沖縄

ひさしぶりのブログ。ちょっと忙しいと、もうこんな更新ぐあいになってしまうwobbly

 

ここ何日かはいろいろあった。

「頼みごとがあるんだけど、ちょっと時間とれる?mobilephone」的な話が集中。

沖縄視察の前に対応しなければwatch、と思って慌ただしく活動するrun

 

で、日曜日は夜の会合までダウンbearing。ひさびさにパブロンのお世話になる。

月曜はまた頼まれごとの対応に追われ、夜寝る前に慌てて視察の準備をする。

 

さて、沖縄視察cloudrain。今回の目的地は竹富町の竹富島と那覇市。

竹富島には東山や主計町と同じ伝建地区があり、島を挙げての保存活動を展開している。

ちなみに伝建地区は建物を対象した制度で、道路は対象外なのだが、

島では道が白砂に覆われていて、道も一体となった景観を作り出していた。

マンホールなどの埋設物の所在が確認できたので、おそらく舗装道路の上にも白砂を撒いていると思われる。

住みやすさだけを求めるなら、普通の舗装道路の方が車も自転車bicycleも走りやすいはずだが、住みやすさ以上に守りたいものがあるのだと感じられた。

 

次の那覇市では金沢市との観光協定について話を聞いてきた。

昨年の10月に両市は観光交流都市協定を結び、北国新聞bookには「工芸分野での交流を・・・」との記事が載るなどしていた。

これも踏まえて、那覇市の今後の展望などを聞いたのだが、この協定は片思い?heart03との印象を持った。

対応してくれた職員がたまたま知らなかっただけなのかもしれないが、工芸交流の話は「初耳ear」との感があり、この協定に対する今後の展望は?と聞いても具体的な話は出てこなかったweep

市民交流や修学旅行などでの子ども達の行き来、スポーツ交流など、いろいろな可能性を我々側から話をしたが、あまり響かない印象を持った。

積極的な観光客誘致をしなくても、たくさんの方が来てくれるからなのだろうか。

 

この視察によって、金沢市と那覇市との協定に対する温度差について、金沢市の基本的考えを聞いてみたくなった。

 

 

まったく話は変わるが、上海万博のテーマ曲騒動、さすがですねsmile

4月8日 生きる力をのばそうよ

昨日は小中学校の入学式cherryblossom。娘の入学式でもあったhappy01

6年生と手をつないで新1年生が入場してきた。身長差がすごい。

新一年生の中には、椅子に座るとまだ床に足が届かない子もいて、

それがまたほほえましい。

 

式典が進んで校歌披露。6年生と教職員が1年生に校歌を披露するのだが、

大好きな南小立野小学校の校歌なので、毎年のことだが、

今年もこっそり、一緒に歌った。

 

3番の歌詞が大好きである。ちょっと書いてみる。

”日ごとに進む 人の世に ぼくもわたしも つくすため”

”強く 正しく 新しく 生きる力をのばそうよ”

 

さて、午後は中学校の入学式へ。こちらも校歌の披露があった。

せっかく? なのでここでもこっそり歌った。

 

校歌を歌いたくなるというのは、それだけ歳がいったということだろうかsweat01

他にも思い当たる節はある。

お腹の肉付き具合pig、若いタレントの名前が分からない、流行りの歌がうたえないなど。

 

いい年の取り方をしていると自分を納得させよう。

4月5日 投票行動の決め手

自民党の支持率がまたさらに下がりましたshock

そして、みんなの党が躍進しています。

 

ただ、それよりも勢力が大きいのは「支持政党なし」のグループです。

ここから分かることは、「なにがなんでも○○党支持!」って方が減っていて、

みなさん選挙のたびに、支持する党や候補者を選ぶということです。

 

その際、みなさんの投票行動の決め手は何になるのでしょうか。

業界に有利不利?、手当がもらえるかどうか?、増税減税?

いろんな視点があるでしょうし、それぞれ判断がつくこと、つかないこともあるでしょう。

 

「総論賛成」「各論反対」は永遠のテーマかもしれません。

言いかえれば、「我田引水」か「利他の心」か。

 

民主主義が試されています。

自分の意見を持つことが必要です。

 

最近は豊富な情報があり、「知識」は十二分に得られます。

あとはその「知識」を「意見」に変えられるかどうかが問題です。

 

知識を意見に変えるには自分の「価値観」というフィルターを通さなければなりません。

価値観は、文化的素養や歴史観、道徳観、人生経験などによって形作られると考えますが、

この「価値判断」をマスコミにゆだねている人が増えてはいないかと危惧しています。

 

「新聞に書いてあったから」、「テレビで言ってたから」だけで決める方が増えたとなると、

「マスメディア」が一定の意図をもった場合には、

最大の政治勢力は「マスメディア」です。

 

情報収集としての「マスメディア」は大いに活用してもらいたいのですが、

価値判断までゆだねて欲しくないと思います。

杞憂かもしれませんけど・・・

4月2日 韓国ソフト金沢訪問団

韓国の全州市からソフトボール協会の方々が金沢にお越しにairplaneなられ、お昼に市役所で市長と共にお出迎えをした。

2年半以上前に私がソフトボール交流で全州市を訪問した際にお会いした方々が何人もいて、お互いに顔を見るなり「おー久しぶり」と握手paperを交わす。

ちなみに「おー久しぶり」の部分は言葉が分かったわけじゃなくて、雰囲気的にそう思ったのであるcoldsweats01

もしかしたら、思いっきりフレンドリーに「はじめまして!」と言ってたかもしれないがsweat01、私は「久しぶり!」と言ってたと解釈しておく。

 

夜は歓迎会も開かれ、お酒とスポーツの話題を通じて相互理解を深めた。

このような草の根の民間交流から学ぶことは多いsmile

4月1日 質が違う二つの楽しみ

新年度ですcherryblossom。平成22年度の初日を皆様いかがお過ごしでしょうか。配属先が変わった方、自分は変わらなくても新しい顔を迎えた方、それぞれに新鮮な気持ちになっているのではないでしょうか。

斯く言う私は、異動ナシですが、やはり何だが新鮮な気持ちになっていますhappy01

 

さて、沖縄基地問題airplaneの解決を約束した日まで、あと2ヶ月bombになりました。

国民も米国も納得し、且つ安全保障上の能力が落ちない場所。

そんなの無理だ! と私のような人間には思えてしまうのですが、

党首討論では「腹案」なる言葉が首相から飛び出しましたwobbly

さすがです。日本の総理になる人はデキが違います。

どんな案なのか、とても楽しみですsmile

 

 

4月4日に開かれる岡田直樹参院議員のセミナーに舛添要一さんが来ます。

「次の総理は?」のアンケートでトップの舛添さん。

どんな話が聞けるのか楽しみです。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »