フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

8月31日 いくさのあと

今帰宅。はぁ~本当にハラハラしましたが、何とか議席を守ることができてホッとしています。ご協力をいただいた皆様、本当にお世話になりました。

それにしても出口調査というのは良いんだか悪いんだか分からない。開票前に大敗というデータが出ていて、事務所内の空気は重く沈んでいたdown。しかも比例復活も無理な数字。選挙戦での手ごたえと全然違う結果だったので、私もショックでめまいがしたwobbly

でも、そのおかげ?もあって、最後の最後に比例復活が決まったときは3倍くらいうれしかったcrying

2区も3区も議席を死守でき、石川で自民党国会議員3人が引き続き国政で頑張ってくれることになりました。それにしても3区の北村さんはチルドレンの中で貴重な生き残りなんじゃないだろうか。83人いたはずだが、他の方々はどうなったのだろうか。北陸3県は全選挙区で自民党国会議員が誕生している。福井に至っては小選挙区で全勝。スゴイ。個人的には福井1区の稲田朋美さんが勝ってくれたのがうれしい。

民主党は今から与党として国を動かしていくわけだが、どんな動きを見せるのか、しっかりと見て行きたい。

8月27日 せんかつ?

最近、新聞紙上では「選活」の文字が踊る。就職活動は「就活」、結婚相手を探す活動は「婚カツ」。その流れでの造語として選挙活動を「選活」としているのだろう。センカツ、果たして流行るだろうか。個人的にはしばらく使ってみようと思っているheart01

さて、選活の日々なのだが、世の中の子供たちは夏休みであるsun。我が家にも夏休みの息子がいるが、どこにも連れて行っていない。しかしながら、いろいろな団体や町会の行事に積極的に参加させてもらっているので、なかなか忙しいらしい。この前はキャンプで2泊もしてきた。私は何もしてあげられないが、この夏休みを通じて、たくましくなってほしいhappy01

8月26日 耐震偽装マニフェスト

首相の金沢入りがなくなりcrying、3区のテコ入れとして津幡町入りすることになった。生で見たかったので大変残念だ。他にも残念に感じている方がいらっしゃるのではないだろうか。ただ、津幡は金沢から近いので、時間がある方は見に行くことは可能かと思う。話を聞いてみたい方はぜひ足を運んでみてください。

最後に、興味深い記事がありましたので、貼ってみます。http://sankei.jp.msn.com/politics/election/090824/elc0908241925004-n1.htm

8月24日 総理大臣

今日の夕刊にも出ましたが、28日に首相が金沢入りしますhappy01。私は来て欲しいと思っていたので、うれしいです。是非、多くの方に生の声を聞いて欲しいものです。

28日の昼にはヤンキー先生こと義家氏も来る予定です。(訂正:29日としていましたが、28日の間違いでした。)

8月23日 あと1週間

選挙な日々が続いている。新聞各紙では獲得議席数の予想が次々と載せられているが、どれも厳しい数字が並んでいるbearing。そんな中、「石川1区接戦」の報道には勇気づけられる。決して楽観しているわけではない。もうあと一息ガンバロウという気持ちが湧いてくるrock

これから残りの日々、目の前のやるべきことをひとつ一つ丁寧にやっていきたい。

8月19日 夏でも流行?

選挙な日々が続いている中でsweat01、選挙には全然関係ないが、気になるニュースがある。新型インフルエンザpigである。何人か死者も出てしまった。タミフルを飲んだにもかかわらず、重症化して今も闘っている人もいる。

この暑い夏sunにこれだけ猛威をふるっているとなると、秋mapleや冬snowにはどうなってしまうのだろうと心配になる。ワクチンにはもちろん期待しているが、自分でできる「手洗い、うがい、マスク」という基本をもう一度見直し、今から準備する必要があるだろう。夏休み明けの子供たちも心配だ。学校でもそのような心構えや備えをすべきだろう。

8月18日 怒り心頭に発す

衆院選の公示日。必勝祈願祭および出陣式もすごい盛り上がりを見せる。私も決意を新たにする。

応援弁士として大きな声で岡田直樹参院議員が話した言葉に胸を熱くする。それは「鹿児島で国旗を切って会場に飾った民主党は断じて許せない!」との言葉。みなさんはこのニュースを知っていただろうか。私は昨夜、インターネットでこのニュースを見て、頭にきた。自国の国旗を切って民主党の旗をつくる行為、どんな思いでそのような暴挙にでたのか、理解できない。

「民主党=日教組」だからなのか。だとすれば絶対にこの選挙負けたくない。

8月16日 JCの公開討論会

金沢青年会議所の主催する公開討論会に、石川1区からの立候補予定者4名が一堂に会して、金沢市文化ホールで行われた。自民党の馳氏、民主党の奥田氏、共産党の佐藤氏、幸福実現党の松林氏の4名である。以前、金沢市内の若者有志によって行われた公開討論会では、民主党の奥田氏が参加していなかった。今回も参加見送りかと思ったが、氏は金沢青年会議所のOBであることもあってか、今回は参加していた。

討論会の中身は、ケチの付け合いではなく、それぞれのマニフェストや政策、政治哲学について述べ合う有意義なものだったと思う。私も大変勉強になった。お互いのいいところを取り入れながら政策決定していく、そんな国会になればいいのに・・・と、討論会でのやり取りを聞きながら思っていた。「なんでもかんでも反対」とか「政局をにらんで反対」とかは悲しい話である。国会だけでない、市政でも言えることである。

8月14日 母は強し

歩く日々が続いている。今日は昼から馳浩さんのお母さんと3時間、その後本人と3時間歩いてまわる。容赦なく日差しが肌に刺さってくるが、日陰に入ると暑さはそうでもない。農家の皆さんにとっては大変なことだが、今の我々にとっては冷夏で助かっている面もある。

馳さんのお母さんと歩いたあと、年齢をお伺いしてビックリ。72歳とのこと。今日はたまたま私と一緒に歩いたが、連日誰かと一緒に歩いていることを考えると、そのタフさに驚くばかりだ。親の愛はスゴイ。

8月9日 同世代の市議

ホントに梅雨は明けたのでしょうか?と思いたくなる天気が続いておりますrain。体調管理には気をつけましょうね。

さて、今日はご紹介を受けて、金沢市に視察に来られていた広島市議の豊島岩白さんとお会いしました。私と同じ平成19年の統一地方選挙にて初当選され、広島市西区でトップの得票で当選されたという方です。広島市議会の議会改革についていろいろとお話をお聞きしました。将来の話も聞かせてもらいました。何度もお会いしたいと感じさせる熱い方でした。

ブログURL貼っときます。ペタリ http://ameblo.jp/ganpaku

いい刺激をもらいました。明日からまたがんばります。

8月6日 にっきょうそって・・・

「早寝早起き朝ごはん」という運動がある。子供達の生活のリズムを考えた良い取り組みだと思うのだが、日教組(日本教職員組合)にとってはそうではないようだ。日教組のシンクタンクである国民教育文化総合研究所のHPにそう書いてあった。

貼ってみる。ペタリ
http://www.kyoiku-soken.org/official/note/2007/12/20110123.php

<「早寝・早起き・朝ご飯」は憲法違反である>うーん、衝撃のタイトルだ。
夜更かしや朝食を食べないことは公共の福祉に反しないのだから、そこに踏み込むのは憲法違反なのだそうだ。

はぁ?annoyなんじゃそりゃ!
少なくとも子供のうちは、生活習慣の大切さを教えるべきだろ!

と、私などは思ってしまうのだが、皆さんはどう考えるだろうか。

8月5日 YouTubeの動画

sun梅雨明け~happy01。やっと夏っぽくなってきました。気持ちがウキウキしてきますねぇyacht。でもね、喜んでばかりもいられないんです。選挙の挨拶まわりが暑くて汗だくなんですsweat01。まあ、だからこそやりがいもあるってもんです。毎日奮闘中ですrock

さて、「馳浩に聞いてみました・金沢マニフェスト1」なる動画がYouTubeでアップされてます。URL貼りますね。ペタリwink
http://www.youtube.com/watch?v=XlIRHYHifxA
ぜひご覧くださいませ。

自民党の街宣車で流すテープをもう一本作ることになりまして、その録音を私の声でやることになりましたcoldsweats01。ちょっと照れくさい。あす録音予定です。今から原稿チェックしなきゃ。

8月2日 金澤夕ぐれ祭り

昨年末から準備を進めてきた金沢青年会議所の「金澤夕ぐれ祭り2009night」が昨日で終わった。開催日直前の一番忙しい「最後の追い込み」とも言える時期に解散が重なりwobbly、選挙対応と祭り準備の狭間でタイトなスケジュールになったが、なんとか乗り切ることができた。ちなみにブログ更新が止まっていたことの言い訳でもあるcoldsweats01。関係者の皆様に御礼申し上げます。

私が祭りで担当したのは、新スタイルの盆踊り「金澤夕ぐれ恋踊り」。曲や振り付けは今までにない全く新しいもの。この踊りをみんなで踊って祭りのフィナーレを飾るべく、いろんな人や団体、企業に声をかけまくった。合同練習会も開催した。苦労、苦悩の連続だったsweat01。正直、祭り当日までフィナーレがどうなるかうまくイメージできなかったし、行き当たりばったりの要素が多々あった。だが蓋を開けてみると、不安をよそに、たくさんの人、人、人coldsweats02。400人位いただろうか、人の輪がやぐらの周りをぐるっと囲み、同じ踊りを、しかもこの祭りのために作った踊りを踊っている。しかもすごく楽しそうで、すごく盛り上がっている。それを見ていて、ちょっと泣けてきたcrying。スゴイ体験をさせてもらった。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »