フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

7月22日 土木の必要性

山口県の水害のニュースを見ていて、昨年の浅野川水害を思い出した。それにしてもここ数年来、日本は大雨災害のニュースが多い気がする。大きな地震も多くあった。まさに災害列島日本だ。

地震は発生を抑えることができない。出来ることは、人命を守る耐震化ということになるだろう。大雨は温暖化が影響しているのではと言われている。そうであるならば、長期的対応として温暖化対策を進める必要があるだろう。短期的には、雨水による洪水、土砂崩れや土石流の発生を抑えなければならない。

洪水対策には浚渫やダムがある。土砂崩れには、もちろん山の植生が大切なのは言うまでもないが、場所によってはのり面保護などで対応することも出来る。ただ、今は公共事業はワルモノ扱いであり、事業費も削られている。防災のまちづくりにおける土木ってもっと見直されるべきじゃないか。

「公共事業半減」なんてことも起こりそうな世の中なのだが、大丈夫だろうか。
防災まちづくり < 災害復旧 ←かかる金額は大きく違う。人命だってどうなるか。
皆さんはどう考えるだろうか。

7月21日 シビレるセリフ

衆議院が解散した。

夕方の麻生首相の記者会見。記者の負けたらどうするのかの質問に対し、
「負けることを前提に質問に答えられますか?
これから選挙戦うんですよ!」
と鬼気迫る表情で答えた姿にはシビレたcrying

「戦う前から負けたときのことを考えるやつがいるか!paperimpact」と言いたかったのだろう。私の大好きな言葉だ。

厳しい戦いになることは分かっている。だからといって逃げるわけにはいかない。一人でも多くの方に理解していただく為に、地道に訴えていくしかないrock

7月20日 海の日の海

海で行われたバーベキュー会に顔を出す。「家族も連れてきなよ」の言葉に乗っかり、こういうときこそ家族サービスのチャンスとばかりに家族を連れて行くhappy01。午後に街宣車を走らせる当番があったためweep、ビールbeerは飲めなかったが、おいしいお肉pigを食べ、参加していたみなさんとたくさんお話ができ、有意義な時間を過ごす。

基本、連れて行った家族はほったらかしだったわけだがcoldsweats01、15分ほど波打ち際で、家族の時間を過ごす。引いた波を追いかけ、迫る波から逃げる。ただそれだけで楽しそうな子供らを見て、幸せな気持ちになる。

水着じゃない子供らに、ぬれないように”いちおう”注意する。だいたい予想はついていたが、波を深追いしすぎて逃げ切れずsad、帰りはびしょぬれに。あーあ、やっぱりなと思いつつ、こういうことがあるから楽しいんだよなと一人思う。

7月18日 キャンペーン活動

090718_201001_2武蔵が辻のメロメロポッチにおいて開催された、衆院選立候補予定者による公開討論会に参加してきたhappy01。若者の有志が集まって、「選挙に行こうキャンペーン」という運動をやっていて、討論会はその運動の一環である。なんともスゴイ話である。若者達が自主的に同じ世代の若者達に「選挙にいこうよ」と声をかける運動なんて、今まであっただろうか。金沢青年会議所で昔、公開討論会を開催したそうだが、ここ最近はない。繰り返しになるが、なんといっても自主的に集まった若者達の運動であるというのが、スゴイhappy02

 

090718_204701_2

 

 

 

 

 

 

 

 

で、肝心の討論会。自民党の馳代議士、共産党の佐藤氏、幸福実現党の松林氏の3名の協力により盛大に開催された。民主党の奥田氏は何度も何度もお誘いしたが、協力が得られなかったと言っていた。残念である。若者達の気持ちや思いを考えたら、4人揃う姿が見たかった。

私は、馳代議士の支持者であることには間違いないのだが、佐藤氏や松林氏に対しても、人間味溢れる話しぶりに、正直言って好印象を持った。描く国家像や持っている国家観は違えども、いい国にしたいという思いは伝わった。投票日までに2回目の開催も模索しているそうだ。4人揃った討論会になることを期待したい。

7月17日 子どものための政策とは?

保育推進連盟の勉強会に出席する。国の保育制度改革について3時間に及ぶ勉強会は、ボリューム満点だ。これまでも何度もこの勉強会には参加してきた。最初の頃は何も分からず参加していたが、何度も出たことで、少しずつ理解できてきたと思う。

ラスト1時間は予算の話になり、国の補正予算、安心子ども基金などの説明を受ける。また、国が考えている今後の保育制度改革のスケジュールも聞く。2011年の福祉目的税としての消費税upが節目なのだそうだ。ただ、政権が変わると、このストーリーは成り立たなくなる。なぜなら、消費税には手をつけないと言っているからだ。子ども達へのいい保育の提供は確保されるのだろうか。金沢にも潜在的に存在している待機児童。この解消もできるのだろうか。

勉強会の先生は、「民主党の26000円の子ども手当ては愚策だ。多くの財源を必要とし、なおかつ支給した現金が必ずしも子どものために使われるとは思えない。それなら、保育サービスを受けやすい環境づくりに金を使ったほうがいい。」と言っていた。確かに26000円が子どものために使われない可能性は否定できないし、大いに考えられる。子どものために払われたお金で、親がギャンブルでもしていたらと考えると、無駄なお金になる。いい勉強になった。

7月15日 熱い討論が見たい

090715_2 今日の北陸中日新聞の朝刊に「衆院選立候補予定者による公開討論会」という魅力的な内容の記事が載っているではないか。これはいったい何なんだ?とばかりにいろいろと情報を探し、チラシを手に入れる。
それによると、7月18日(土)20:00から武蔵が辻の「メロメロポッチ」というライブハウスで公開討論会が行われるとのこと。自民党、共産党、幸福実現党が参加し、民主党は交渉中。候補者同士が討論しあうのは、正直言って楽しそうだ。「メロメロポッチ」には行ったことないが、調べてでも行かなきゃsweat01
こんなイベントめったに無いだろうしね。
Photo

7月14日 親の満足度は9割以上

090714_140001 自民党金沢支部の政調会で白山市の蕪城小学校を視察する。大変ユニークな作りの小学校で学校の真ん中に図書スペースがある。図書室ではない図書スペースである。どう違うかというと、仕切りが無く、オープンな空間に書棚がある。しかも生徒は行きも帰りも必ずそこを通るようになっている。毎日本bookが目に入るのである。自分の小学校時代を振り返ると図書室は学校の端にあり、必要なとき以外は前を通らなかったし、通っても中に入らなければ本を目にすることはないわけで、ホントに読書の少ない子どもだったなと思う。こんな私でも蕪城小学校のような校舎だったら、もうちょっと本を読んでいただろうなと思ったし、金沢市内の小学校でも工夫次第で、校舎を改築しなくても似たような取り組みができるのではないかと感じた。

今後、金沢市内でも小学校の立て替えが何校かすすむことになると思うが、蕪城小学校のようにプロポーザル方式で子供達の学び環境を良く考えたつくりにしていってもらいたいと思う。

視察というと、つい遠くに目を向けがちだが、お隣の市という近場にも勉強になるところはある。いいものはどんどん見聞きして、金沢市に反映して行きたい。

7月13日 本気でやるから楽しい

無事に第3回模擬議会が終わった。会場設営など、ご協力していただいた方々に感謝したい。また、質問した模擬議員になってくれたみなさんにも感謝したい。

いい質問が出ました。再質問も出ました。楽しい時間を過ごせました。今回はバスに関する質問が集中しました。現状に対する改善要望や新しいバス施策の提案まで3名の模擬議員の全てがバス関連の質問を入れていました。金沢市の雨対策についての質問もありました。詳しくは今後HPに議事録を載せたいと思っています。

次回ゼミでも模擬議会を開催する予定です。8月10日になる予定です。ゼミ生以外の傍聴もOKです。興味のある方はタテマチ大学までtelephone

7月12日 夜はあばれ祭り3

090712_150001 塩硝の道フォーラムⅡに参加する。主催は南砺市太美山地区の自治振興会である。

今年は湯涌温泉の「かなや」にて開催された。識者の話を聞き、塩硝がつないできた歴史を知ることで、金沢市と南砺市との民間交流がより活発になるイベントである。

加賀藩の黒色火薬貯蔵量は幕府以上だったという話や五箇山の塩硝は宮腰(金石)から船で他の地域に売られていたのではないかという話など、興味深く聞くことができて勉強になった。

フォーラムⅢは崎浦での開催になるのだろうか。来年も楽しみである。

7月11日 その土地のうまいもの

090711_120401 青年会議所の北陸信越地区協議会のフォーラムに参加する為、鯖江まで行く。フォーラムの内容は置いといてcoldsweats01、わざわざ早めに行き、おいしいお蕎麦を食べる。その名も隠れた名店「森六」。先に調べておかないとお蕎麦屋さんとは気づかない店構えである。中に入ると有名人のサインが壁にいろいろと飾ってある。メニューはせいろ、スペシャルせいろ、おろしソバ、おろしソバ大盛の4つである。スペシャルせいろを注文する。それから壁のサインを見てまわる。その中に一つ、新聞記事が。なんと天皇・皇后両陛下が以前にここのおろしソバを召し上がったとかいてあるではないかcoldsweats02。あわてておろしソバも追加注文する。おいしかった。

フォーラムの後はせっかく福井に来たので、金沢に戻る前に、ヨーロッパ軒のソースカツ丼を食べてから帰る。食べてばっかりだなpig

7月9日 一年ぶりの…

13日にタテマチ大学のまちづくりゼミの第3回ゼミとして、一年以上ぶりの「模擬議会」開催であるrock。そのため、今日一日、答弁準備に追われる。なかなかいい質問が揃っていて、答弁作りも簡単にはいかないが、楽しいhappy01。さあ、ガチンコ勝負だ。

7月8日 あなたは誰に託しますか

夕方から馳浩事務所にて合同選対会議。これまでいつかいつかと気をもんできた総選挙ももう間もなくである。投票日になる可能性がある日で、最も遠い日と言っても10月18日であり、最も早い日では8月頭。ここまでくるとギアを最速にして、アクセル全開である。

自分の活動の中で、国政選挙への見解をよく求められ、こう話している。選挙は不満をぶつけるというネガティブな活動のためにあるのではなく、将来こうなって欲しいという自分の意思を託すポジティブな活動のためにあると私は認識している。「お灸をすえてやれ」的な投票行動は大事なことを見落としてしまう危険性が高いとも考えている。

我々は、全国各地の猛者が集まる国会の場で、金沢のために埋没せずに活躍してくれる人を選ぶべきだ。私の思いを託すのは馳浩です。

7月7日 星に願いを

金沢青年会議所で毎年夏に行っている「金澤夕ぐれ祭り」も今年で5回目となり、7月31日と8月1日に行われる。「日本一浴衣の似合うまち」を目指した祭りであり、飲食noodleやステージkaraoke、展示などこれまでの祭りに見られたもの以外に、今回は「盆踊り」に光を当てている。盆踊りの魅力を再認識してもうらうために、どの世代も踊れる踊り「金澤夕ぐれ恋踊り」という名の新しいスタイルの盆踊りを作り、当日はみんなで輪になって踊るべく準備をすすめている。

その金澤夕ぐれ恋踊りの練習会を鳴和市民体育館にて行った。青年会議所メンバー以外にも一般の方々にも多く参加いただき、MROの取材もあるなど、大賑わいの練習会となった。約2時間の練習会で参加者のほとんどが輪になって踊れるようになった。7月9、15、16日にも練習会が控えている。当日はこの何十倍もの人数で中央公園で輪になって踊れるよう、night願いたい。

7月5日 夏の風物詩

昨晩は三沢光春追悼の集会を有志が集まって開く。高校の頃、大好きだったプロレス。そんなみんなが集まって昔話に花を咲かせる。お酒もすすむ。朝、飲みすぎたことを布団の中で後悔しながらも身仕度を整えて、消防団へ。

090705_095201

090705_100202陸上競技場で行われた金沢市消防団の連合検閲式に出る。 式典では、日陰のない競技場で約1時間半立ちっぱなしでいなければならない。立っているだけとはいえ、なかなか辛いbearing。8時開始だったので、まだ耐えられたが、9時や10時開始だったらどうだったかわからない。式典が無事終わると犀川に移動し、一斉放水。去年はふんどし姿になったが、今年は操法選手でなかったため、服を着たまま裏方にまわる。

放水が始まると周辺が細かな霧で包まれ、少し涼しくなった。夏の放水はキモチイイ。happy01

7月4日 親の心子知らず

”バーゲン” この言葉を聞くと妻はどうしてあんなにも活動的になるのだろうか。朝の支度の段階から気合の入り方が違うrock。きっと同じように朝から気合の入っている女性が他にもたくさんいたのではないだろうか。私の場合、「人多そうsweat01」とか考えて、どちらかというと遠慮したい方である。

今日は香林坊で街頭演説karaoke。妻と子どもたちはバーゲンt-shirt。目的は違うが、偶然にも行先は同じ。みんなで一緒に出かける。駐車場で別れて、それぞれ目的地へ。私は司会進行役で、馳代議士や県議市議の演説を聞きながら1時間車の上で手を振り続ける。それにしてもさすがバーゲン。通行人が多い。特に若い女性が多い。中高生らしき一団からは「はせさーんheart01」と若い声も聞かれた。活気溢れるマチを見るのってイイ!

さてさて、街頭演説会を終えると、合流して家族一緒に昼食をとることになった。あれがいいかな、これがいいかなと思いを巡らせるのだが、子どもたちは「マックがいい」の一点張り。ハンバーガーがいいのではなく、ハッピーセットのおまけが欲しいという魂胆は見え見え。マックは今度にしようよと言うが、「マック、マック」と聞く耳を持たない。仕方なくタテマチマックへ。何年振りかでタテマチマックに入るhappy01。ここで、欲しいおもちゃが品切れという問題が発生shock。結局、車でマチを離れて別のマックへ。せっかくの家族そろってのマチブラだったのに。マックの魅力おそるべし。

7月1日 社会を明るくする運動

090701_160001今月は法務省が主唱する「第59回社会を明るくする運動」の強化月間であり、初日の今日は金沢駅もてなしドームにて式典が行われ、金沢青年会議所の理事長代理として参加した。

社会を明るくする運動とは、「犯罪をなくして社会を明るくするために、すべての国民が犯罪の防止と犯罪者の矯正および更生保護についての正しい理解を深め、すすんでこれらの活動に協力するように全国民によびかける啓発活動(ウィキペディアより)」というものである。

式典に引き続いて、広報活動としてチラシやポケットティッシュなどを配る。その最中、知っている方に何人もお会いする。「あんた 何でもやらんなんし、大変やねsmile」と言われる。まあ大変と言ってしまえばそれまでだが、いろんな経験をさせてもらえてると考えればなんてことはないscissors。このチラシ配りで社会が少しでも明るくなってくれるのなら、おやすい御用であるhappy01

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »