フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 5月12日 試行錯誤のゼミづくり | トップページ | 5月16日 予防準備できてますか »

5月14日 極自然なこと

英霊にこたえる会金沢支部の総会に出席する。この会は昨年一度、会員の高齢化などの理由もあって、解散する話が出たが、無くしちゃいけないと集まった有志により、新たな組織体制で再出発している。手続き上、以前の会は解散という形をとり、名前はそのままだが新組織として出発しているため、会員数の見込みが立たないままの総会である。収入見込みは立たないが、やるべき事業はあるわけで、今年度は単年度赤字の予算の承認をしなければならない状況であった。若い方で英霊顕彰、恒久平和に対して心ある方の参加を望みたいところである。

会の締めで、副会長がした挨拶に私は心打たれた。内容はだいたいこんな感じである。「同じ歳の親友で戦地に散っていった仲間のことを考えると、私が生きている間に再び天皇陛下のご親拝と総理大臣の公式参拝を実現させたい。」

文字にしてしまうと伝わりにくいが、正に「切なる願い」であった。国内や国外(特に一部の国)での、「いわゆるA級戦犯」に対する考え方や取り扱いの問題から天皇陛下のご親拝や総理大臣の公式参拝が困難な状況になっているが、ご英霊へのお参りを実施してほしいと思っている方は他にも大勢いらっしゃると思う。

高度成長後の生まれである私でさえ実現を望む一人である。

« 5月12日 試行錯誤のゼミづくり | トップページ | 5月16日 予防準備できてますか »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月12日 試行錯誤のゼミづくり | トップページ | 5月16日 予防準備できてますか »