フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

5月31日 長寿国の秘訣?

県立音楽堂で開かれた「ドォモ!ドゥモ!ありがとう!30年!むらい進カラオケ人生」を見に行くeye。主催の「むらい進と愉快な仲間たち」の副会長ということもあり、イベントパンフレットにはお祝いのことばも載せさせてもらった。

むらい先生はブームになる以前の昭和54年に金沢カラオケ愛好会karaokeを結成し、今日まで活動の輪を広げてきた方であり、他にも金沢早朝野球baseballを発足させたり、挙げればきりがないくらい多くの人を喜ばせてきた方である。

イベント後の懇親会にも出席したのだが、出席者の多くが歌うわ踊るわhappy02で、むらい先生の人柄が現れた楽しいものであった。ここで「日本が長寿世界一なのは、実はカラオケがあったからなのではないか」と根拠もなく思う。それくらいみなさんのエネルギーがすごかった。

5月29日 副委員長になりました

今日は臨時議会。3月議会での混乱以降、さまざまなやり取りがあったが、ようやく議会正常化に向けて動き始めたhappy02。この臨時議会は人事院勧告をうけての賞与カットなどが議題である。そこに日程追加で常任委員会の改組も行われた。その結果、昨年の産業企業常任委員会から市民福祉常任委員会に配属が変わった。さらに正副委員長の互選にて副委員長に選ばれた。今日から市民福祉常任委員会副委員長。しっかりとつとめを果たしたいと思う。

もう一つ。「北朝鮮による地下核実験に断固抗議する決議」を全員一致で可決した。これにより金沢市議会の姿勢を示すことができた。小さな声であっても意思を示すことが大切だと思う。国連の動きにも関心を示していきたい。

5月27日 いいまちとは

いつからかわからないが、近所のスーパーに堂々とそびえ立っていた看板が新しくなっていた。さらに立派になったのかと言えばそうではない。高さは以前の半分ほど、色づかいも茶系の大変おとなしいものになっていた。ははーんsmileこれは景観への配慮としてやったことだな。と一人納得する。企業イメージのアップも考えてのことなのか、行政から指摘があってやったことなのか分からないが、品のいい感じで良い印象である。

この看板の品がよくなった分、他の看板の騒がしさが目につく。「他より目立てばいい」という看板はもう古いのかもしれない。「まち全体の雰囲気づくりに協力してくれる店」という方がより売上につながる、そんな消費行動を我々がとれば、良い街になるのではないだろうか。そんなことを考えさせられた。

5月26日 批難決議をやるべきだ

北朝鮮が核実験を行った。とんでもない話だannoy。オバマ大統領が核兵器廃絶の方向へ舵を切ると演説し、期待していたところにこの核実験である。しかも続けてミサイルも発射している。「いつでも核爆弾打てるんだぞ」とでも言いたいのだろうか。

日本にとっては大いなる脅威だ。テポドンやノドンは日本を十分に射程圏内に収めることができるし、もし核弾頭をつけて発射されたとなると、その被害は想像すらしたくないdespair。国際社会も足並みをそろえて北への批難をやってほしい。中国とロシアはどうするのだろうか。市議会でも批難決議を出して姿勢を示す必要があるだろう。

5月24日 ふれあいリサイクル

今年から南小立野小学校の育友会の地区委員長をしているのだが、この地区委員長というのは、年5回開催される古新聞回収イベント「ふれあいリサイクル」を円滑に執り行うのが役目である。で、今日が今年の第1回目のふれあいリサイクル。天気予報には傘マークrainがあり、心配していたが、午前中は降らなかった。良かった。

多くの人たちの協力のおかげで無事に1回目を終えることができた。特に子ども達の活躍はうれしい。そういえば私も小学校のころやったなぁ。あの頃は半分遊びの気持ちで楽しくやってた記憶がある。子どもたちに元気をもらえた気がする。明日からもガンバロウrock

5月23日 夜は操法ホース巻き

久々に馳代議士と一緒に挨拶まわりをする。もともと夕方4時から1時間半の予定だったが、4時前にも時間を取って欲しいとのことで、2時からご一緒する。私の地元を歩いて歩いてfoot、まずは約2時間まわる。反応はすごぶるイイ。馳代議士が国政報告を手渡しした後、すかさず私も活動報告を手渡すsmile。郵送で届いているお宅も多いが、ダブっていても念のためお渡しする。

別の町会へ少し移動して、約1時間半まわる。ここでは国政報告の手渡しだけでなく、国政報告会のお知らせも配る。ここでもすこぶる反応がイイ。やはり本人みずから足を運んでいるからだろう。地道な活動は必ず実を結ぶ。そう信じたい。

たった3時間半の活動なのに、かなり足にきている。原因は自覚している。日頃の運動不足だbearing

5月21日 設備投資しました

Typess今年も消防のポンプ操法大会の練習シーズンがやってきた。今年は肋骨骨折したこともあり、残念ながら?選手から外れてしまった。選手からは外れたがポンプ操法大会は分団一丸での戦いであり、昨年私もしてもらったように、選手に選ばれた人達の為、ホース巻きtyphoonに精を出す。

昨年はホース投げがヘタな私のために、一生懸命ホース巻きをしてくれた皆の気持ちがうれしくてcrying、うまくならなきゃと懸命に練習した。今年は私が巻く番だ。

ところで、今年は昨年と大きく違うことがある。それは写真にもある坂田電機工業所の消防ホース巻取機「はやまきくんSタイプ」が2台導入されたことだscissors。専用機械が売られていること自体も驚きだが、巻取りスピードにも驚かされるcoldsweats02。使ってみると、あまり疲れずに巻くことができる。選手の皆には遠慮せずにバンバンホースを投げて上手になってほしいhappy01

5月18日 ことだま再認識

最近、少々お疲れ気味だったのだが、講演で聴いた話でやる気が出た。先生の話は「疲れた」という言葉を発してはいけないというものだった。口にしたことはその通りになるし、まわりにも影響を及ぼすそうだ。そういう話はほかでも聞いたことはあるが、具体例として子どもの話をしていた。

ある日、先生の子ども達は「お父さんみたいになりたくないthink」と言っていた。
ショックだったが、あるとき気づく。外では元気に仕事していても家に帰ったら「疲れた」と言って、そのような表情を子どもに見せていたと。
そこで、家に帰ったら「今日もバリバリ働いてきたぞ、あー仕事楽しーhappy02」と言うようにした。
今では「お父さんみたいに早く働きたいhappy01」と言うようになった。

私の文章力が足りないので、いまいち伝わりきらないと思うが、この事例にハッとさせられた。私はどうだっただろうか。家に帰って「仕事しんどい」的な顔ばかりを見せてなかっただろうか。

子ども達が「仕事ツライ顔」の親を見て育った場合と「仕事楽しい顔」の親を見て育った場合、仕事というものに対する考え方は大きく変わるだろう。各家庭でほんのちょっと意識して取り組めれば、未来の日本の元気fujiも変わっているのではないだろうか。

5月16日 予防準備できてますか

新型インフルエンザの国内感染が明らかになったimpact。しかも今現在のニュースでは神戸の高校生3人だけでなく新たに感染疑い情報が続々と出てきている。いつかは起こるだろうとは思っていたが、もう来たかとの感もある。メキシコでのニュースが大々的に報道されてから約半月、もう関西までやってきてしまった。メキシコ~関西間の移動でさえ半月なのだから、関西から金沢までの移動などあっという間だろうsweat01

おとといくらいのニュースで、四国の小学校が関西方面への修学旅行を取りやめたというのがあった。それを聞いたときは過剰反応だろうと思っていたが、今となっては懸命な判断と言えるだろう。そろそろ修学旅行シーズン。多くの地域で関西方面を修学旅行先にしているのではないだろうか。四国の小学校以外にも旅行先の変更や取りやめの話がでてくるだろうbearing

今我々が出来る事は予防に努めることである。うがい、手洗いはもちろんだが、金沢であっても、日常的なマスクの着用をそろそろしたいところである。

5月14日 極自然なこと

英霊にこたえる会金沢支部の総会に出席する。この会は昨年一度、会員の高齢化などの理由もあって、解散する話が出たが、無くしちゃいけないと集まった有志により、新たな組織体制で再出発している。手続き上、以前の会は解散という形をとり、名前はそのままだが新組織として出発しているため、会員数の見込みが立たないままの総会である。収入見込みは立たないが、やるべき事業はあるわけで、今年度は単年度赤字の予算の承認をしなければならない状況であった。若い方で英霊顕彰、恒久平和に対して心ある方の参加を望みたいところである。

会の締めで、副会長がした挨拶に私は心打たれた。内容はだいたいこんな感じである。「同じ歳の親友で戦地に散っていった仲間のことを考えると、私が生きている間に再び天皇陛下のご親拝と総理大臣の公式参拝を実現させたい。」

文字にしてしまうと伝わりにくいが、正に「切なる願い」であった。国内や国外(特に一部の国)での、「いわゆるA級戦犯」に対する考え方や取り扱いの問題から天皇陛下のご親拝や総理大臣の公式参拝が困難な状況になっているが、ご英霊へのお参りを実施してほしいと思っている方は他にも大勢いらっしゃると思う。

高度成長後の生まれである私でさえ実現を望む一人である。

5月12日 試行錯誤のゼミづくり

090511_204701以前「授業」を開かせてもらったタテマチ大学で、「金沢まちづくりゼミ」という名のゼミpencilを開くことになった。自分の住むまちのことに関心を持ってもらい、どうしたらいいのか、どうしたいかという考えを醸成してもらうことが狙いである。で、昨日はタテマチ大学の第1回金沢まちづくりゼミが開催された。ゼミの先生として20名以上の参加者を前に話をすすめたわけだが、単なる市政報告とはワケが違い、なかなか難しいcoldsweats02

「先生」とは言ってもキャリアはたかだか2年。こんな役をするのは恥ずかしいくらいの経験しかないが、この2年間にやってきたことやそれを通して感じたことなどを元に話をすすめる。最初の45分は前置きとして「公民」の授業みたいな感じで終わってしまった。そんなこと知ってるよって方には退屈だったかもしれない。

後半は4つのグループに分かれて、それぞれが思っていることや問題意識について、少しの時間だが、話合ってもらった。第2回ではグループごとに金沢市への質問事項や政策提案などをまとめてもらう予定である。これからどんな動きが出てくるのか、私も楽しみだhappy02

5月11日 OMOIYARIの心

090511_112601 青年会議所の「OMOIYARIの心」事業として米泉小学校schoolへ行き、子ども達にお箸づくりをしてもらった。金沢産の間伐材を使ってお箸をつくるのだが、箸作りに入る前に森林の大切さやその保護のために間伐が必要なこと、間伐材の利用が環境にやさしいということなどを学んでもらった。

私は常々、国内の森林の有効利用をもっと進められたらいいのにと思っている。なので、このように子ども達が森林について学ぶことは大変いいことだと思う。

作業としては割り箸大にカットされた杉の間伐材をサンドペーパーでこすり、角を取ったり先を細くしたりしてお箸の形にしていくというもの。みんな自信作をお互いに見せ合ったり、お母さんに使ってもらいたいと言う子がいたり、削るだけでなく模様を書いて楽んだりと見ていてとても楽しかったsmile

早速給食で使いたいという子もいたが、メニューはよりにもよってカレー。なんとも残念coldsweats01

5月10日 異常事態まだ続くのか

15日に産業企業常任委員会開催との召集通知が届く。3月議会が自然閉会という終わり方をして以来、常任委員会は未だ一度も開かれていないという異常事態annoyの中、ようやくの開催である。だが、まだまだ正常化とは言いがたい。

通常、委員会の開催日を決定するときは、委員長が各委員の日程を聞き、全委員が出席できるように日を選定している。しかし今回はそれらの日程調整がないまま開催日が決められたようである。今後もこんなことが続くのだろうかthink。公務優先である事は当然とはいえ、立てていた予定をいきなり潰されることになると、誰かに迷惑がかかる場合もある。幸い今回は問題無いのだが、次回も同じようならそのときは分からない。15日はせっかくの委員会開催なので全委員が出られればいいのだが。果たして。

5月9日 無から有をつくる

インターネットのヤホーというサイトを見ていたらsmile、実物大ガンダムメイキング映像配信中というのを見つけたんです。

なぜ、ブログでこれを取り上げたかといいますと、映像の中から「ものづくり」のかっこ良さshineが伝わってきたからなんです。それと同時にこの仕事に携われる人たちってちょっと羨ましいなぁとも思ったからなんです。特にガンダム好きってわけではありませんが、夢のある仕事に携われるのって羨ましいと思いませんか?

夢のある仕事と言っても登場する人たちの表情は真剣そのもの。コンクリート養生の大切さとか少し専門的な場面も見られて、玄人受けもする感じです。

昔、空想科学読本というのが流行ったときがありました。それに似た感じで、前田建設工業さんがHP上でファンタジー営業部というのをやっていました。マジンガーZがプールの下から登場するという施設を実際に作るとしたら、穴の深さはどれくらいで、基礎はどれくらいで、うんぬんといったことを本気で計算するというものです。そして、現在の技術力で作れるという事実にニヤっとしたものです。

今回の等身大ガンダムがうまくいくことで、ものづくり産業カッコイイじゃんという若者が増えてくれたらいいなぁheart01。未だに根強い人気のガンダム。そう遠くないうちに動く等身大ガンダムが作られる日が来る気がする。

5月7日 ソバ屋の割り箸はアリじゃないの

GW終了。結局最後の2日間は寝て終わってしまったbearing。昨日は薬・寝る、薬・寝るの繰り返し。布団で寝付くまでの間にパラパラと本bookを読んで、一冊終えてしまった。ちなみに読んだ本は「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」を書いた武田邦彦氏の「偽善エコロジー」という本。本の中ではレジ袋削減もマイ箸もプラゴミ分別も無意味なのだそうだ。はっきりとリサイクルやゴミの分別は「意味が無い」とメッタ切りしている。おそらく「意味が無いことはない!」と反論する学者とか出てきて、激論になりそうな内容である。いや、一部訂正。アルミ缶のリサイクルだけ意味があると書いてあった。

「通説を鵜呑みにしてはいけない」との教訓、というか問題提起としては面白かった。共感できたことというか、常々思っていることなのだが、国内森林活用を考えると「割り箸をやめようというのはやめたほうがいい」との主張は当たっている気がする。こう書くとマイ箸を利用している方々からお叱りangryを受けるだろうか。

5月5日 自分に言い聞かす

昼ごろに能登から帰ると調子が悪い。昨晩はしゃぎすぎたか?イヤそんなに遅くまで起きてないし、お酒の量もそんなに飲んでない。なぜだろうと思っていたが、そういえば昨夜、娘が熱を出したと妻からメールが来ていた。どうやら俺も同じで風邪のようであるthink

しんどかったが、頼まれ事を一つこなしてから、薬を飲んで一度寝る。大量の寝汗をかくが、治らず。ま、今晩もう一度薬を飲んで寝れば治るやろ。

5月4日 県内にもイイトコいっぱい

大学時代に在籍したゴルフサークルgolfの毎年恒例のOB会である。例年は能登でゴルフをし、いこいの村で宿泊するのだが、今年は肋骨の件もあり、コンペへの参加は見送る。となると昼が空いてくるので、この隙に家族サービスをする。もともとゴルフのために空けていた日程で家族サービスができて得した気分であるsmile

みなさん能登のいこいの村はご存知だろうか?これまでは宿泊以外で利用することがなかったため知らなかったが、周りに公園やスポーツ施設等あり、一日楽しく過ごせる場所である。公園には有料でゴーカートrvcarやビームライフルなどもある。夜はコンペの表彰式から参加し、楽しく過ごす。

5月3日 暖簾に腕押し?

自民党の街宣車busを走らせる当番の日である。GW真っ只中だが、順番なのでしょうがないcoldsweats01。9時から地元を中心に車を走らせる。大通りではなく裏道を走る。住宅街に響き渡る音量notesに少々気が引けるが、「家の中で聞こえる音量にしなければ意味が無いbearing」と自分に言い聞かせ走る。

それにしても車が少ない。大通りを横切るときにほとんど走っていないし、普段は停まっているのであろう家の前にも車が少ない。みなさん車でお出かけしたのだろう。ちょっと出発が遅れた一家が車に荷物を積んで「さあ今から出発」的な場面にも遭遇した。きっと10時半過ぎからは、人口密度が低かったと思われる。2時間半以上走って終了。次回は街頭演説でもしようかな。

5月2日 師から弟子、孫弟子へ

空手道の4大流派の一つ、「和道流」の櫻空舘公和塾創立30周年記念パーティーに出席する。公和塾は石川公文先生が作られ、父の代から付き合いがあり、私の息子も昨年からお世話になっている。挨拶などの前に空手rockの演舞があり、この日のために息子も一生懸命練習して型を披露する。白帯から始まり、色帯、黒帯へと演者が変わっていく。それにつれて部屋の空気もピリっとしてくる。恥ずかしながら技術的な事は分からない。だが黒帯の動きは見事で「カッコイイ」ということは分かる。

そして、30年間の歩みについて、来賓のお話やスクリーンに映された映像tvなどで見ながら時間がすすんで行く。今、普段の公和塾の練習では石川先生が直接子供たちを指導する場面は少ない。そして普段空手を教えてくれている先生は、昔の映像の中では石川公文先生に空手を教わる生徒である。昔空手を習っていた生徒が先生になり、今習っている生徒が将来先生となる。そんな積み重ねの大切さを強く感じさせてもらった。ますますの隆盛を期待したいhappy01

5月1日 地域と学校の連携

今年度から小学校の育友会(保護者会)の地区委員長をすることになった。地区委員は年に5回、地域のみなさんの協力を得て古新聞memoを集め、その収益で学校の備品wrenchなどを買い揃えたり、壊れている箇所の修繕代にする役割がある。昨年は第二音楽室のピアニカ練習台やハンドマイクkaraokeのスピーカーを購入し、また児童の下駄箱の一部補修にも使われている。

今日は今年度の第一回地区委員会が開かれた。各町会から何人かずつ選ばれている地区委員さんに学校まで来てもらい、今年の新聞回収の日程の確認などを行った。子供たちがいい環境で勉強できるように、一人ひとりの協力が大きな成果につながることを期待したいhappy02

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »