フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 4月19日 近江町交流プラザ | トップページ | 4月23日 住む所じゃないことはない »

4月21日 不名誉記録の解消へ

090421_170501 自民党1期議員5名で秋田県に視察である。時間の関係上、富山空港からの出発だったが、スゴイ風typhoonで離陸時の飛行機airplaneが大きく揺れる。恐さはそんなに感じなかったが、乗り物酔いshockの心配が頭をよぎる。が、5分ほどで雲の上。ゆっくりと視察の楽しみの一つでもある読書タイムに入る。今回は「政治家の品格、有権者の品格」(金美齢著)を読む。

さて、長くなりそうなので、いきなり本題の秋田県庁へ飛ぶ。13年連続自殺率1位という不名誉な記録を更新中の秋田県。それゆえ自殺対策の先進地域でもある。以前、議会質問で金沢市でも自殺対策をと質問したことがある。国の指針では都道府県が自殺対策をとることを求めているが、市町村には求めていない。秋田県では住民に最も近い存在である市町村が積極的に対策に乗り出していると県庁で話を聞いて初めて知る。秋田県内25市町村のうち22市町村で対策をしているそうである。ただ、決定打となるものは見出せていないようで、手探りでの対応の中、なんとかいい方法はないかと知恵を絞りながら歩を進めている印象を持った。

再び移動して角館へ。武家屋敷が有名なところであり、城下町である。写真はその武家屋敷である。街中の看板にはハングル文字があったりして外国人旅行者への配慮が見て取れる。ただ、1つ気になったのは角館駅のお出迎え看板が「ようこそ小京都へ」となっていた点である。城下町なのに・・・と感じるのは北国新聞の読みすぎだろうか。

« 4月19日 近江町交流プラザ | トップページ | 4月23日 住む所じゃないことはない »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月19日 近江町交流プラザ | トップページ | 4月23日 住む所じゃないことはない »