フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

4月29日 どこか行きたくなる

GWスタートcrown。高速は千円。どこまでいっても千円とは思い切ったものだ。だが、まだ味わってはいない。経済状況の厳しいときは「安・近・短」というレジャーが流行るものだが、今年に関してはそうじゃなくなるだろう。お財布の方は、厳しいことは厳しいだろうが、定額給付金もあるし「やや高」になるだろうし、「近」は高速千円のおかげで「やや遠」になるだろう。

人の心理として、「高速料金がどこまで行っても千円」となると、元々の料金が千円そこそこのところで高速を降りるのはもったいないと感じるんじゃないだろうか。私なんかはそう考えてしまう。子供の頃のバイキング料理と似ている気がする。今でこそバイキング料理で食べ過ぎることは無くなってしまったが、昔は「食べなきゃ損」とばかりに食べていた。

そんな心理がはたらいて、プチ遠出の人が増えれば、金沢あたりは結構ターゲットにされるんじゃないだろうか。期待したいhappy01

4月27日 豚インフルエンザ

メキシコで死亡報告が相次いでいる「豚インフルエンザ」。人から人への感染が始まっているようである。しかもアメリカをはじめ世界各国でも感染疑い事例が報告されている。パンデミックになるかもしれない。

私は昨年の12月議会で新型インフルエンザのパンデミックについて質問をしたのだが、市ではその後すぐに対策マニュアル(行動計画)を完成させている。新型インフルエンザ対策は都道府県の管轄なのだが、金沢市の人口の場合、県の対応だけで不十分になる恐れがある。そこで今のうちに作っておくべきとの質問だったのだが、こんなにも早く現実味を帯びてくるとは思いもしなかった。今のところ豚インフルエンザにはタミフルやリレンザが効くと言われている。県は薬の備蓄目標量をすでにクリアしているので、あとはスムーズにそれらが患者に行きわたるようにすることが重要である。

それ以上に重要なのは水際での国内侵入阻止である。もし国内で感染報告事例があった場合、パンデミックはもちろん恐いがパニックも同じくらい恐い。今のうちにマスクの準備くらいはしておいてもいいのかもしれない。

4月23日 住む所じゃないことはない

090423_114001視察3日目。今日の視察先は東京の商店街。神楽坂商店街と早稲田商店街の2箇所である。まずは神楽坂商店街へ。商店街の会長、副会長さんに対応していただく。ちなみに副会長さんの奥さんが金沢の方ということで、一気に親近感がわくheart01。かつては置屋が大いに栄えた土地である。その街並みは今も残っていて、趣深い。だが、街並みなどお構いなしという開発者がいて、話し合いにも応じてくれず、頭を悩ませている話を聞く。2階建てが続く中にいきなり巨大マンションbuildingが建ったり、和の雰囲気が続く中にいきなり派手な意匠の建物があったりと説明を受けながら見てまわると金沢と似たような悩みを持っていることに驚く。趣のある街並みを守ろうと必死に頑張っている姿からは土地への愛着の強さを感じた。神楽坂は泉鏡花が東京に出てから暮らした地域であるが、なんとなく分かる気がした。東京の印象が大きく変わった。これまでは遊びに行くところで、住むようなところじゃないと思っていた。テレビで見る銀座や六本木や歌舞伎町のイメージが東京だった。でもそうじゃなかった。正直住んでみたいと思った。

つぎに早稲田商店街へ。地域通貨「アトム通貨」の話を聞く。商店街活性化策の一つである。まちの清掃活動などに参加すると「50馬力」がもらえたり、おそば屋さんで割り箸でなくマイ箸を使うと「10馬力」がもらえたりする。つまり、まちや環境clubにいいことをするとお駄賃としてもらえるのだ。ちなみに加盟店では1馬力=1円として使うことが出来る。視察を受け入れてくれたお店では写真にあるように、レジ袋辞退等で10馬力もらえる。ちなみに視察資料として10馬力をタダでもらったが、置いてある商品の購入をしてレジ袋辞退をしてさらに10馬力もらった。今、20馬力所有している。何だか楽しいsmile

アトム通貨はある程度の条件はあるが、早稲田に限らず、全国どこでも参加できるそうで、今年から川口市の商店街で導入が始まったとのことである。金沢の中心市街地活性化策の一つにならないか研究してみたい。

4月21日 不名誉記録の解消へ

090421_170501 自民党1期議員5名で秋田県に視察である。時間の関係上、富山空港からの出発だったが、スゴイ風typhoonで離陸時の飛行機airplaneが大きく揺れる。恐さはそんなに感じなかったが、乗り物酔いshockの心配が頭をよぎる。が、5分ほどで雲の上。ゆっくりと視察の楽しみの一つでもある読書タイムに入る。今回は「政治家の品格、有権者の品格」(金美齢著)を読む。

さて、長くなりそうなので、いきなり本題の秋田県庁へ飛ぶ。13年連続自殺率1位という不名誉な記録を更新中の秋田県。それゆえ自殺対策の先進地域でもある。以前、議会質問で金沢市でも自殺対策をと質問したことがある。国の指針では都道府県が自殺対策をとることを求めているが、市町村には求めていない。秋田県では住民に最も近い存在である市町村が積極的に対策に乗り出していると県庁で話を聞いて初めて知る。秋田県内25市町村のうち22市町村で対策をしているそうである。ただ、決定打となるものは見出せていないようで、手探りでの対応の中、なんとかいい方法はないかと知恵を絞りながら歩を進めている印象を持った。

再び移動して角館へ。武家屋敷が有名なところであり、城下町である。写真はその武家屋敷である。街中の看板にはハングル文字があったりして外国人旅行者への配慮が見て取れる。ただ、1つ気になったのは角館駅のお出迎え看板が「ようこそ小京都へ」となっていた点である。城下町なのに・・・と感じるのは北国新聞の読みすぎだろうか。

4月19日 近江町交流プラザ

むさし祭りの2日目という大混雑が予想される日に、あえて新しくなった近江町に行く。肋骨ポッキーだったのでオープン前の内覧会に行けなかったこともあるが、新施設のにぎわいを確かめたかったのもある。

近江町まであえて車で行き駐車場の使い心地もチェックする。なかなか入りづらそうな位置に駐車場の入口はあるが、運良くスンナリ車を入れることに成功。ただ満車などのときはトラブルが起こりそうな位置である。

いちば館内は人・人・人。にぎわいまくりである。エムザへのアクセスやバス停の電光表示の充実度も確認する。とてもいい作りだ。

昼食を食べ、駐車場を出る。料金は昼食の際にもらった200円割引チケットを使いナント50円。安過ぎる。これじゃ誰もバス乗らんだろうな。安いのは嬉しいがやり過ぎは良くない。バス促進の観点からも料金はもうちょっと考えて欲しい

4月15日 感謝の言葉しかない

後援会会長が亡くなり、お通夜に参列する。あまりに突然の訃報である。驚くと同時に大変ショックであり、なんだか信じられない気持ちである。

何から何までお世話になった方。今の私があるのもこの方のお陰である。感謝の言葉しか見出すことができない。ありがとうございました。

4月7日 FreeJapanTV

昨日からやんわりと活動を再開し始めましたhappy02。昨日は久しぶりということもあって張り切って(とは言っても動きはまるでロボットsweat02だったが)仕事に励み、夕方には少し痛み出すsadという始末。でも今日も地域の小学校schoolの入学式への出席など無理しない範囲で仕事した。

さて今日のタイトル「FreeJapanTVtv」とは何ぞやと思われている方もいらっしゃるだろう。今日のこのネタは私宛のメールmailからいただいたもので、実は私もメールを見るまでは知らなかったものである。YouTubeの映像なのだが、なかなか興味深い内容である。ぜひご覧いただきたい。まずは貼りますね「http://www.youtube.com/watch?v=UFXzMRsA_dI」ペタリ。ここではアンケートpencil調査の結果が示されているが、マスコミのものとあまりにも大きくかけ離れており驚きである。

以前、このブログでもマスコミの報道は偏りすぎているannoyと書かせてもらったし、もちろん毎日のTVも情報の選別に気をつけながら見ている。アンケートの数字もどこまでホントなの?って目で見てはきたが、ある程度は参考に出来るだろうと考えていた。でも、違いすぎるgawk。麻生総理は支持率などという幻想に惑わされることなく、とてつもない力を持つ日本を間違いなく導いていって欲しいrock。切に願う

4月5日 ポッキー2

090405_102601北朝鮮から「飛翔体」が飛んできたニュースはかるーくスルーして、肋骨ネタである。骨折する2日前に、たまたま本bookを6冊買い込んだ。そのうちの1冊が、←である。

さらに、この本から読み始めたのだが、自分が「ポキーimpactっと折れる」羽目になるとは思いもしなかった。ちなみに、この本はすでに読み終えた。この本も含めて4冊終えた。あと、2冊である。

明日から、リハビリも兼ねて仕事するscissors

4月4日 ポッキー

いつもこの拙いブログをご覧下さっている皆様。ありがとうございます。日頃からよくブログ更新を怠けている私ですが、今回の怠けっぷりいかがでしょうかcoldsweats01。実は私、この年度末、年度始めの忙しい時期にもかかわらず、soccerの試合中に「肋骨」を骨折impactしてしまい、自宅療養しておりました。これにより、金沢市制120周年記念行事や近江町交流プラザの内覧会、他にもいろいろと出るべき仕事があったのだが、全てキャンセルである。

病院hospitalでは、「2週間安静ですね、家でゴロゴロしててください」と言われたが、痛くて寝返りができず、未だにゴロゴロは出来ていない。最初の頃は何をしても痛かった。なにせ呼吸もちょっと大きな呼吸をすると痛い。鼻をすすっても痛い。咳sweat01なんかもっての他。極めつけは笑いhappy02。基本「ゲラ」なので、笑い出すと止まらないのだが、激痛で途中から泣きcryingに変わってしまう。2日ほど前からようやく自力で布団から起き上がれるようになった。

この間、何度かPCには向かっているが、ブログを更新する気になれなかった。昨日くらいから随分と痛みが楽になり、今日更新するに至ったわけだが、議員活動は書くことがないので、闘病日記にでもしようかな。でも、来週から少しでも活動したいなぁと思い描く家の中であった。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »