フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

3月24日 戦後初の異常事態

ただいまーsad。深夜1時過ぎ、今帰宅である。先ほど3月定例会が終わった。いや、終わったというより時間切れで「流会」したと言ったほうが正確なんだろうか。議会最終日にいくつかの日程を残したまま、議会が開催されず、0時を過ぎ、つまり日付が変わり3月議会が終わってしまった。

0時前に、まだ議会日程が残っているので議長に開会を申し込んだが、本会議が開かれることはなかった。ちなみに0時になる前に議会の「延長」あるいは「延会」を宣言すれば3月議会を終了させずに引き続き審議できるのだが、その努力もなかった。

なんで何もしなかったのだろう?尚、議会日程を残したまま定例会を終了した例は戦後初めてだそうだ。異例の出来事、前代未聞の出来事である。私は伝統ある金沢市議会の戦後初の異常事態を味わったのである。こういうことは、市民にどう映るのだろうか。

3月23日 感情で法を曲げるな

埼玉県蕨(わらび)市の市議会でカルデロン一家の特別在留を求める意見書が可決された。はっきり言って同じ議会人として残念であるangry。これまでカルデロン一家の取り扱いに関して、国は十分に譲歩してきたと思う。これ以上譲歩しろというのか。日本は法治国家である。

カルデロン夫妻はそもそも不法入国、不法滞在者なのである。のり子さんは確かに可哀想だし、それは私もそう思う。だからといって滞在許可を出すことあってはならない。

まず、親は責任を取る必要があることはいうまでもない。そして娘をどうしたいかは親の判断である。連れて行きたいのか、日本に残したいのか。「娘がかわいそうなので、私達の罪は見逃して」というのは、感情論で法を捻じ曲げることであるannoy。(ただ、法律自体が変われば議論事態が変わってくるが・・・)

最初に戻るが、少なくとも法律や条例に則って市政運営を行う、住民自治の代表である議会がこのような意見書を可決したことは真に遺憾である。ほんとにそう思うpout

3月22日その2 総(決起大)会

090322_165701自民党金沢市校下部会連合会の総会に来賓として出席する。内閣支持率や政党支持率が低迷するなか、会場いっぱいの出席者に驚きとともにありがたく感じる。

一年間の活動報告や決算など、例年通りの諸報告などは例年通りスムーズに進行するが、いつもと違ったのは、直近に間違いなく衆院選があるということで、選挙ムード満点の雰囲気だった点である。岡田直樹参院議員の挨拶はもちろん、山出市長からも「市長の立場として応援したい」と一歩踏み込んだ発言。最後はガンバロー三唱rockで締め。総決起大会の様である。

官僚まかせでなく議員立法を数々実現させてきた馳浩代議士を国政に送り出すことは、金沢市にとっても、石川県にとっても、国にとっても重要である。みなさんのご理解がいただけるように私も頑張りたいhappy01

3月22日その1 強風での訓練

春の火災予防週間に入っています。それを受けて、火災防御訓練が四十万小学校にて行われた。崎浦分団の一員として出動する。今回の訓練では「伝令」の役割が与えられた。放水開始前には「崎浦分団、放水準備完了!」と報告し、終了後は「崎浦分団、人員機械器具異常なし!」と報告する役目である。簡単といえば簡単なのだが、はじめての役割である。失敗がないようにと頭の中でいろいろとシミュレーションして臨んだ。

第一消防団の各分団が一堂に会しての訓練なので、ホースも入り乱れる。そこに今日の強風である。注水前のホールは風ですぐめくれあがる。たくさんのホースがからまる。放水が始まると風下の分断は自分たちが出した水を浴びることになる。まあ大変な状態であった。

訓練なので、愚痴もいってられるが、実際の火災現場などそんなこと言ってられないし、強風の日だってある。そういう意味ではいい訓練だったと思う。

3月21日 オニイチャン議員参上

以前予告したタテマチ大学での講義が終わった。感想は「楽しかったhappy02。あっという間に時間が過ぎた」である。当初思っていたのは私がひたすら一方的に話す形式だったわけだが、3日前にタテマチ大学の宮川さんをコーディネーター役にしての対談形式でやりたいとお話があり、「どんな展開になるか予想がつかないけど、楽しそう」と快くOKする。

参加者は50人ほど、講義はチャイムbellが鳴って「起立、気をつけ、礼、着席」とやって始まる。なんとも懐かしく楽しい。話の内容はYoutubeにアップされるらしいので、そちらを見てほしいが、バラエティに富んだ質問にできるだけ丁寧に答えたつもりである。

質問には・議員の一日の過ごし方は?・議員は何か優遇されているんですか?・選挙ってどうしてお金がかかるんですか?・議員のお給料っていくらですか?・・・などなど素朴な疑問から、・定額給付金yenは何に使いますか?・オバマ大統領をどう思いますか?などの時事ネタまであった。終りの方は私の持論も少しだけ話させていただいた。

とにかく楽しかった。第2弾がやれるなら、ぜひお願いしたい。もしくはタテマチ大学という名前なので、政治サークルとか立ち上げるってのはアリなんだろうかsmile。大学側にも話してみたい。

3月18日 念入りに準備

090318_124401初の連合審査会が終わった。会派に与えられた”尺”は75分間。質問者は2人で、そのうち私の出番は2番目。一応半分ずつでやる話だが、一問一答形式では答弁時間が読めないし、答弁内容によっては質問の展開が変わってくる。 そこを予想しながら原稿を作った。1番目の先輩議員の質問が長引いた場合と短く終わった場合、予定通り終わった場合と3通りの想定をし、臨んだ。

で、先輩議員はさすがだなぁと感心した。37分を残したところでバトンタッチである。これには正直驚いた。予定どおりである。思う存分やらせてもらった。途中、答弁が予想より長かったりして焦ったりもしたがcoldsweats02、なんやかんやで、ピッタリ終了。

初の連合審査会にしては上出来であった。ちなみに写真は質問の際に使ったボードである。国会中継で国会議員がやっているように、ボードまで使っての質問は気持ちよかったhappy01

3月16日 母親が安心して働けるように

南小立野小校下にある放課後児童クラブ「たんぽぽくらぶ」の運営委員会に出席する。たんぽぽくらぶは国で法制度化される以前、いわゆる学童保育と呼ばれる時代から存在し、地域のはたらくお母さん達の強い味方になってきたhappy01。私も小学生時代、たんぽぽくらぶに行っている同級生と遊びたくてお邪魔したことがある。その頃と今を比べると、地元有志からの建物の協力もあって、施設環境が大変すばらしくなったshine。金沢市内でも1、2を争う施設の良さではないだろうか。しかしながら、「たんぽぽくらぶ」にはしっかりした組織であったがゆえの悩みもある。

国による法制度化後、放課後児童クラブは地域の社会福祉協議会や社会福祉法人が主体となって各地域に次々と設置されていった。しかし南小立野小校下では「たんぽぽくらぶ」がすでにあったため、社会福祉協議会や社会福祉法人が設立した放課後児童クラブが存在しない。このような地域は金沢市内では南小立野小校下だけとなってしまった。

共働きの進展で預かり児童数が増加する中、たんぽぽくらぶは来年90名の預かりとなるそうだ。これは国の基準を大きく上回っているup。この状況を解消するにはもう一箇所施設を用意する必要がある。だがここに一番の問題がある。それは、もう一箇所の施設探しや開設準備を、今のままでは「たんぽぽくらぶ」がやらなければならないということだ。私が考えるに、これは地域の問題として取り上げるべきもので、一児童クラブに全ての負担がいくと言うのは避けるべきだろう。社会福祉協議会や社会福祉法人との連携がカギになってくると思う。

3月15日 ヘタすりゃテレビより高い

これまで一度も携帯電話mobilephoneの紛失や水没など、トラブルを起こしたことはないscissors。しかし頭の中では、もし故障したらどうしようといつも不安を抱いていたcoldsweats02。一番気にかかっていることは電話帳のデータを失ってしまうこと。「だったら電話帳管理のPCソフトでも購入して管理すればいいじゃん」との声も聞こえてきそうだが、これまでなんとなくやってこなかった。正直にいえば面倒くさかったのだcoldsweats01

昨日大学時代の先輩や後輩、現役生達と卒業生を送る会beerに出席していたのだが、その際たまたま話題がケータイ紛失のことに。最近紛失した後輩は2年前まで使っていたケータイの電話帳のデータで対応したとのこと。自分に当てはめて考えてみると、ここ2年ほどの状況変化は激しく、もし今のケータイがなくなったら、以前の物のデータで対応することは非常に厳しいbearing。そんなとき先輩から「auの携帯だったらアドレスお預かりって機能があるから簡単に保存管理できるよ」との話が。えぇっ!そんな機能知らないぞと思いながら早速トライ。アドレス帳メニューからお預かりを選択し、ウェブにアクセスするとあっという間にデータ保存完了。おぉっhappy02スゴイ。これで一安心。トラブルもなんのそのだ。しかも無料というのもうれしい。ただ、別の視点で考えると紛失故障は避けたい。なにせ最近は電話機本体の値段が高いからだ。後輩は7万円したらしく、2年ローンなのだそうだ。ケータイをローンってなんとなく受け入れがたいdown

3月13日 祭りに参加できず

090313_093601昨日、ある方からメールをいただく。インターネット上の掲示板で、麻生太郎首相を応援するため、著書「とてつもない日本」を購入しようという呼びかけがあり、それに応じた人達により飛ぶようにairplane売れているというのであるhappy01

今朝、某テレビ局ではこのことを取り上げていた。「呼びかけしたのは麻生さんの秘書なんじゃないの?」というコメンテーターの意見もあったが、仮に100歩譲ってそうだとしても、それがどうしたというのだpout。呼びかけに応じて多くの方が購入したということは揺るがしようのない事実であるし、自分のお金を使ってまで応援しようという明確な意志の現れではないかshine

ちなみに3月10日が「麻生祭り」決行日だったようだが、残念ながら知らなかったため参加できなかった。一応念のため、「とてつもない日本」はすでに持っておりますsmile。元気がでる本だと思います。国の将来に希望を持てないと思っている方ほど読んでいただきたいと思います。また、祭り情報いつでもお待ちいたしておりますear

3月11日 タテマチ大学

学都と呼ばれる金沢市に新たな大学が出来たのをご存知だろうか?しかもまちのど真ん中に・・・shine

と書いたが、実は大学と名乗ってはいても本当の大学ではない。タイトルにも書いたが、まちづくり・人づくりNPOが開催する「タテマチ大学」という名の講習会である。3月6日から開校し、既に21美の秋元館長やゴーゴーカレーの宮森社長などの「授業」が行われた。満席の盛況だったようである。似たようなイベントはあるが、ここの授業は無料であり、誰でも来れることが大きな特徴である。生徒は20代の若者が多いらしいが、年齢は不問らしい。そして教室は名前のとおりタテマチ商店街にある。中心市街地活性化への寄与もねらいの一つらしい。

さて、こうして話題にしているのにはワケがある。それは21日に授業の先生を依頼されたからである。そして今日知ったのだが、授業タイトルは「オニチャン議員!どうして年度末は道路工事が多いの?」である。とてもキャッチーなコピーだなぁhappy01と感心する事しきり。もちろんこんな素敵なコピーを考えたのは自分でないことは言うまでもない。当日はこのイメージを念頭に授業をすすめたい。

家にタテマチ大学のチラシを持ち帰る。授業タイトルが3つ並んでいる。一つ目は松村玲郎先輩(桜丘の先輩)の「話のプロはやっぱり口説き上手なんでしょうか?」。二つ目は私。三つ目は岩城博之さんの「和太鼓コーチ!太鼓でお腹のニクが落ちるってホント?」である。奥さんが見て一言、「次の授業、生徒で受ければ?」。返す言葉もないcoldsweats01

3月10日 世界に誇る日本文化

一般質問2日目。同じ会派の安居議員の質問の中で、「のだめカンタービレ」の作品内penで金沢のラ・フォル・ジュルネが舞台として取り上げられるような働きかけをできないかというものがあった。執行部の答弁はけんもほろろsweat02。まぁ、答えにくい質問といえばそうなんだろうとは思う。しかしながら、この質問には私なりに思うところがあり、関連質問をさせてもらう。

安居議員の再質問が「のだめ」に触れていないことを確認し、さあやるぞと思ったとたん、動悸heart02が激しくなる。初の体験だからだろう。実際どれくらいの心拍数だったんだろ?と今は思ったりできるが、そのときは「うわぁー俺って結構チョロいわcoldsweats02」と心の中で一人つっこみをしていた。で、本番。いつもながら、話し始めるとスッと落ち着く。不思議だ。自分でもよく分かっていない。とにかく言いたいことは言えた。

金沢の売り込み戦略として、テレビや映画、雑誌等だけでなく、アニメやマンガという媒体も活用すべきではないかと思いを述べた。高岡市を舞台にしたアニメのファンが実際に高岡市を訪れているという事例がある。単に旅行誌で名所だけを取り上げられるより、物語と共に名所が取り上げられたほうが行きたい度合いが高くなるに決まっている。冬ソナをみて韓国までいったおばさま達のことを考えたら明らかである。冬ソナなしで、あの公園をあの道をあの建物を見に行っただろうか。

少々熱く語ってしまったが、そんな思いをぶつけた。市長答弁は噛み合わなかった感じがしたが、自分の質問ではなく関連質問だったので、そこでやめておいた。今後、自分の切り口で一般質問で取り上げることもあるかもしれない。

3月9日 一問一答

一般質問初日fuji、各会派の代表質問である。新年度予算を見据えて、さまざまな質問がでたが、やはり定額給付金moneybagの話題は気になるところ。というのも国会を通過したあと、多くの方から「いつもらえるの?」というご質問をいただいたからである。みんないろいろな算用をしているからだろう。今日、4月下旬から順次支給していくとの答弁が出た。ゴールデンウィークsunのことを考えればいい時期かもしれない。金沢市には円滑で間違いのない支給に努めてもらいたい。

さて、平成20年度ももう終わりである。今年度を振り返ると6月と9月の議会では連続で一般質問をしたし、12月議会では意見書提出に奔走した。で、今議会はおとなしくしているかといえばそうではない。先日も書いたように、3月議会は国の予算委員会にあたる「連合審査会」という予算審議会があり、そこで質問する予定である。一問一答形式でのやりとりなので、質疑の流れによっては思いがけない方向に話がいくかもしれない。やったことがないので、プレッシャーを感じるcoldsweats02といえば感じるが、折角の初体験なので、楽しむくらいの気持ちで臨みたいshine。あと2日間の一般質問の内容を見て、質疑内容を考えたいと思う。

3月5日 保育システム先進地

090305_143501日保協金沢地区会の勉強会および懇親会に出席する。勉強会の講師は保育システム研究所代表の吉田正幸氏。これまでも日保協金沢地区会の勉強会では吉田氏が講師である。日本における子どもの保育環境は大きく変わろうとしている。過去2回、勉強会には参加してきたが、何れも遅参だったため、イマイチ理解度が深くなかったbearing。しかし、今日は最初から参加でき、しかも事前に前回資料の読み込みをしていたため理解度はかなり深まったと思うscissors

平成22年度以降、国の方針や仕組みが大きく変わることになるtyphoon。ただ、金沢はすでに民間保育所が充実していたり、親が子どもを通わせたい保育所を選択できたりと随分事情が違う。平成22年の大変革においても金沢市にマッチングした対応をする必要があるだろうup

3月3日 論客となれるか

平成21年第1回定例会初日である。今議会は3月補正予算と来年度予算を一緒に審議する議会であるためいつもの議会より日数も長く、内容も濃いものになる。その中で、5つの常任委員会合同で開催する「連合審査会」という名の会がある。ここでは来年度予算について審議するのだが、国の予算委員会のように一問一答形式で審議が行われる。

金沢市議会の場合、本会議での質問では一問一答ではない。数項目に渡る聞きたいことを制限時間内に一気に聞き、その後市長等が一気に答弁するという形式である。そのため言いっ放しの聞きっ放しといった感もある。再質問する権利もあるが、2回までとの取り決めもあり、国会のようなやり取りにまで発展することはない。

そんな「連合審査会」に今議会で臨む予定である。初めての経験になる。どんな展開が待っているのかは私にもわからない。答弁を受けて質問内容が変化していく可能性も十分に考えられる。折角の機会を大いに生かしたいと思う。

3月1日 黄綬褒章

090301_165701 中央市場で青果部門appleの理事長をされている柿木良一さんの黄綬褒章受賞を祝う会に出席する。ものすごく大きなパーティーであるcoldsweats02。テーブルは全部で39卓。しかも松の卓はとても大きく、3卓分くらいある。350人くらいいたんじゃないだろうか。舞台上の加賀宝生の能で会が始まり、その後もにしの芸妓による素囃子や踊りが披露されるなど大変豪華なパーティーだった。

お祝いしに駆けつけたはずなのに、逆にもてなされた感じである。柿木さんの人柄がパーティーにもにじみ出ている気がしたhappy01。今後益々の活躍を心からご期待いたします。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »