フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 12月1日 ザル法-国籍法 | トップページ | 12月8日 BSE? »

12月5日 意見書難航中

国籍法改正法案が参議院においても可決成立してしまった。公布から20日での施行と謳われているので、最遅でも50日ほどで法律としての効力を発揮することになる。年明けには偽装による「新・日本人」が誕生する恐れがある。さて、この法案には付帯決議なるものがついているが、あくまでも運用上の目標であり、法的拘束力はない。しかもこの付帯決議には「本法の施行後の状況を踏まえ、父子関係の科学的な確認方法を導入することの要否及び当否について検討すること」としか書かれていない。不十分なものではあるが、法案に慎重な態度を示す議員の働きのおかげで、この付帯決議がつくことになったことはせめてもの救いである。参院ではさらに、父子の一緒に写っている写真を提示するような付帯決議があったそうだが、この21世紀に国籍を与える条件として「写真」というのは証拠能力として十分とは言えないだろう。何度考えてもこの法律は国籍の大安売りにしか見えない。DNA鑑定や扶養義務、罰則強化これくらいしなければ悪用を防ぐことは難しいだろう。まもなく始まる12月議会での意見書についてはいまだ調整中である。どうなるかは先行き不透明である。

この法律の効力発揮後に、人身売買のような悲しい出来事が起こらないことを祈るのみである。

« 12月1日 ザル法-国籍法 | トップページ | 12月8日 BSE? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月1日 ザル法-国籍法 | トップページ | 12月8日 BSE? »