フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

11月29日 火薬製造所跡

081129_110902_3地元崎浦地区の一大関心事であり、私も議会質問などを通じて金沢市に働きかけを行ってきた土清水塩硝蔵の第二次発掘調査が今年も行われている。「塩硝蔵」という名前からは蔵が1つ2つあった場所のように思われているが、実は塩硝蔵は通称であり、作業員の宿舎なども備えた黒色火薬製造プラントであり、その広さは兼六園よりも広いものであったといわれている。

今日は朝からマスコミと地元に対する現地説明会があった。今回の調査では硝石御土蔵(しょうせきおんどぞう)という施設の規模が明らかになった。大きな前進である。今後も地元の方々と一緒に盛り上げていきたいと思う。

11月28日 オーラの泉?

近くに寄ったので、同級生が店長を務める喫茶店へ。彼は中学の部活動で共に汗を流した仲である。先日別の友人から「彼は最近忙しくて仕方ないんだ」と聞かせてもらう。なんでも他人のオーラが見えるらしく、オーラを見てほしいという方々で連日大盛況とのこと。にわかには信じがたい話だったので、真相を直接聞いてみることにする。

21歳に一度、原因不明で倒れて入院してから見えるようになったとのこと。最近までなるべく公にならないようにしてきたが、口コミで広がり、たくさんの人が来ているらしい。雑誌やテレビの取材もあり、2ちゃんねるでも取り上げられて、中には本当に入院歴があるのか調べる人もいるとのこと。

私はもちろんオーラなんて見えないので、よく分からないし、信じるかどうかはその人次第なんだろうと思う。で、私は彼にオーラを見てもらわなかった。見てもらったら、「気軽に話せる関係」が崩れてしまう気がしたからである。なので、私は今後も普通にコーヒーを飲みにいくだけにしたい。

11月24日 マリオ強し

新聞で脱メタボの記事を見た妻が、私に行ってきたらというので、午後から家族でいしかわ夢未来博を見に行く。産展の駐車場にはたくさん車。中もすごい人。玄関を入ると「顔」で年齢性別を識別する機械がいきなりお出迎えである。私は「男性10~19歳」と表示されて気分を良くして中へ進む。ルービックキューブをするロボットやペットロボット、ライトセイバーで戦うロボット、ロボサッカーなどいろいろあり、子どもが喜ぶものが多かった。だが、息子が一番喜んだのはWiiのマリオカートだった。この会場になぜマリオがあったのかはよく分からなかったが、確実に一番喜んでいた。恐るべしマリオである。

脱メタボのコーナーは昔ゲームセンターにあったダンスダンスレボリューションと同じ矢印を足で踏むゲームが置いてあった。一応目的のものだったので、やってみる。21キロカロリーを消費する。

11月20日 協力者でありライバル

081120_172901 北陸新幹線沿線都市観光サミットに出席する。6年後に金沢駅延伸を控えた北陸新幹線の沿線都市、高崎市、長野市、上越市、富山市、高岡市そして金沢市の6市の市長が一堂に会してのイベントである。高崎市と長野市は既に開業している先輩都市であり、新幹線のもたらす光と影について聞くことができた。

全6市の市長の話を聞いていて、富山市長が一番勢いを感じた。今一番売りの施策である鉄軌道の充実が新幹線とリンクすることでさらに重みを増すであろうと感じさせたし、富山市長には自信がみなぎっているように感じられた。金沢市と富山市ではまちのイメージや進めていくまちづくりの方向性に違いがあるが、負けちゃいられないと思わされた。

11月19日 ちょっと早くないかいね

朝起きてびびった。何がって、雪。すぐ融けたからいいけど、マジ焦りました。だって、もちろんタイヤ交換もまだだったから。走れないほどでは無かったから、良かったけど、今後を考えるとそろそろ交換しなきゃ。今月中にはやらんなんね。

11月18日 初コロナ映画

081118_151901_2 日台議員連盟の活動の一環として、映画「パッテンライ」を見に行く。映画の応援を通して、日台関係の盛り上げに一役買おうということで、新聞社の取材もある。多分にパフォーマンスの要素が強いが、こういうことが、以外に大切だったりする。もともと見に行きたいと思っていた私にとっても都合がいい。そろそろ時間ですと促され、みなさんはぞろぞろと会場入り。映画の前にトイレに行っておかなきゃと、私はトイレへ。遅れて会場に入ると新聞社の撮影はすでに終了。残念。

映画は子どもにも見やすいという印象。土木屋の私としてはもうちょっと「ものづくり」の場面が欲しかったなぁという感想であるが、ぜひみなさんに見ていただきたい映画である。

11月16日 体育館は寒かった

081116_155701 7月の浅野川水害の並木町周辺の被災者を対象とした、県の説明会に顔を出す。第2回目となるそうで、前回の質問者への回答など、県の説明が一通り終わった時点で早くも一時間経過。途中で、「説明がいちいち長い!」などの怒りの声が飛び出す。もしかして時間稼ぎなのか?と思いたくなるような説明も確かにあったと思う。

質疑応答に入ってさらにヒートアップ。いろんな方が、様々な質問をしたが、県の説明は一言で言えば、始終「天災だから仕方なかった」というものだったように思う。納得しない住民側とほぼ同じ答弁を繰り返す県。そんな状態でさらに2時間。私はここで次の予定のため失礼したが、まだまだ続くようだった。このままでいけば裁判ということになるだろう。和解への道のりは遠そうだ。

11月14日 液化天然ガス

081114_134001 企業会計決算審査特別委員会。昨年は一般会計決算の委員会だったが、今年は企業会計。企業会計は、中央市場や花卉市場、私立病院、企業局などがあり、それの決算をチェックする委員会である。取り扱う量が膨大であり、4回に分けて委員会が開かれる内、今日は3回目である。書類審査の後で、現場視察として、昨年浸水して機能停止した城北水質管理センターとLNGタンクを増設した湊エネルギーセンターに行く。

エネルギーセンターではLNGをタンクインするローリーを何台も受け入れているが、トラックスケールがなかった。パソコンでタンク内のLNG量を管理しているので、問題ないのかもしれないが、ローリーが運んできたガス量と運転手が持ってきた伝票の数字が一致するのかちょっと気になった。今度委員会で質問してみようと思う。

11月11日 現職は有利不利?

馳代議士と一緒に私の地元を回る。馳氏は現職なので、朝から国会での仕事をこなし、夕方小松空港に降り立つとそのまま私の地元に来て、2時間程ご挨拶まわりをする。その後、会合などの用事を済ませ、翌朝からの仕事のため、また飛行機で東京に戻ったようだ。タフである。とてもマネできるものではない。

さて、ご挨拶させていただいた方々の反応はというと、本人を目の前にしていることもあるのだろうが、とても良くて、力が沸くものが多かった。私の活動報告のことをお話される方もいて、「あんたもがんばっとるねぇ、応援しとるよ」とありがたいお言葉をいただく。

夜、異業種交流会に参加する。この会には、議員になる前からなので、なんだかんだで3年ほどお邪魔させてもらっている。知り合いの方々に一通り挨拶をしていると、なんとそこには奥田建氏。一生懸命に名刺を配り歩いている。こちらからご挨拶する。「あんたどこでも顔だしとるね。w」と言われてしまう。確かにその通りだが、それは建さんも同じである。だって顔を合わせてるんだから・・・

「今頃、馳さんは飛行機の中。現職は活動できる時間が限られているからかわいそうだな」と思ってしまう。少しでもバックアップできるように頑張ろう。。

11月6日 本とゲームは共存できるか

081106_132701 今週の土曜日にOPENする玉川こども図書館を視察する。幼児向けの絵本から中学生向けの本まで6万冊が用意されているとのこと。2階には紙芝居や人形劇が開催できる専用の部屋。3階には化学実験室など、単に本が置いてあるだけの場所というわけではない。職員の案内で一通り見学した後、意見交換の時間となる。私からは、図書館内でのゲーム機の「持ち込み」あるいは「使用」を制限してはどうかと発言させていただく。

私はゲーム自体は嫌いではないが、今の携帯ゲーム機の在り方には問題を感じている。いつでもどこでもゲームができる携帯ゲーム機。ときにはTPOもわきまえずにゲームをしている子ども達を目にする場面がある。子ども達には「ここではダメだよ」とか「今はダメだよ」とか明確に教えていかなければならないだろう。それが子どものためでもある。小さなお子さんをお持ちの方なら目にしたことがあるかもしれないが、友達が5、6人集まって、全員が思い思いにDSをしている光景は異様である。別に集まらなくてもいいじゃんと思ってしまう。通信をしてる場合もあるのだろうが、明らかに違う場合も見受けられる。ゲームの持つ魅力というか魔力をコントロールできる「人づくり」が必要なんだろう。

11月4日 ノッチの仕事は増えるか?

アメリカ大統領選に世界で一番関心を持っているのは日本人らしい。関心を持っている人が8割以上いるそうだ。今朝の新聞記事に載っていた。政治話が大好きなアメリカ人よりも日本人のほうが関心を持っているとは意外である。しかも他国の選挙。これが衆院選となると果たして8割も関心を持ってくれるのだろうか。

明日の昼ごろには大統領選も大勢が判明しているだろう。こんなブログを書いている私も、もちろん関心を持っている日本人の一人である。結果如何で、衆院選にも影響が出てくるだろう。どうなることやら。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »