フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

8月17日 心でうたう

青年会議所のシニア合同例会で新入会員はゴスペルの余興を行う。そのため、これまで何度も練習会を重ねてきた。明日がいよいよ本番であり、今日が最終練習日である。これまで高音から低音まで各パートに分かれて音程を覚え、歌詞を覚えて頑張ってきた。それぞれが役割を果たし、心を一つにできればすばらしいものができあがると信じている。うまさよりハートで勝負だ。

8月15日 高齢化は深刻

護国神社行われた第45回戦没者慰霊式に参列する。昨年はものすごく暑い日で汗がダラダラと流れた。今日は朝から天気が悪く、あまり暑くならないのではと少し期待したが、式典前までにみごとに晴れる。汗がとまらない。ハンカチは乾いている面がなくなるほどである。しかし国のために殉じた方々のことを思えば暑さのことなど言っていられない。44888柱の英霊に哀悼の意と感謝を申し上げたい。

新聞では「英霊にこたえる会」の解散について報じられたが、どうやら存続するようだ。だが、高齢化の波は止められない。深刻な問題である。

8月12日 ホリケンがライダーに

夏休みだが息子をどこにも連れていっていないので、時間のある午前中に見たがっていた仮面ライダーの映画を見に行く。2人きりで出かけるのはいつ以来だろうかあまり記憶にない。息子はパパ一人占めがよほどうれしいらしく、その姿をみていてこちらも幸せな気分になる。まだお盆休み前ということもあるのだろう館内は比較的すいていた。食い入るように映画を見る息子、私も特撮ものは好きなので、楽しく見る。映画が終わり、ガチャガチャ見つけた息子は一目散に走りおねだり。でも我慢させるとすんなり納得。妻の躾のおかげか。そのかわりにマンガを一冊買ってあげる。出費としてはこちらの方が大きいが、ガチャガチャの景品よりも良い気がしてそうする。帰りの車の中で「今日は楽しいね」と息子からうれしい言葉が。わずかな時間でも息子の満足度は高かったようだ。

8月9日 ヒリヒリする

昨年も出た津幡町民レガッタの季節がもうすぐやってくる。今朝は金沢市議会ボート部の練習日。昨年の反省から、今年はチームメンバーを固定して練習する。出走する3艇の内、一番上位を狙えそうなチームに名を連ねることに。なので朝の7時から河北潟でボートを漕ぎまくる。練習にも熱が入る。正直バテバテだったが、みなさんが頑張るので私もつられる。終わってみたら手の皮がむけていた。本番までには治るだろうが、何事もほどほどにせねばと反省。次は皮手袋を用意しよう。

8月8日 医療先端都市へ

080808_162701昨年12月に星稜大学で行われた第1回地域活性セミナーの継続研究活動として地域活性ワークショップがホテル金沢で行われ、参加する。馳浩代議士や米沢電気社長の米沢寛氏、日本工業大学の太田教授などが出席して意見交換を行う。複合型福祉サービス施設の事例や医療遠隔画像支援についてなど、いろんな角度からの地域おこし事例を紹介していただいた。特に最先端医療の提供による活性化という考え方は今までの私には無かった視点である。市立病院を抱えている金沢 市にもこの考え方を生かせないだろうか。研究してみたい。

8月7日 逆行?

先日決定された第8回金沢市経済活動賞の贈呈式に産業企業委員会の委員として出席する。今年は長年地域経済の振興に貢献された3名の方が受賞された。今後ますますのご活躍をご祈念申し上げます。

さて、いつも通り会場の金沢歌劇座へクールビズで行ったのだが、ネクタイと上着という方が多く、少し浮いている感じになる。クールビズは決して一人ではなかったのだが、最前列に座ったクールビズは一人だった。地球温暖化対策特別委員会の委員でもあり、クールビズを推進させる一員として、できるだけクールビズで活動しているのだが、少しずつ減ってきているような気がする。「恥をかきたくない」あるいは「失礼にならないように」などの心理がはたらいて安全側に、つまりネクタイ上着ありで動くのだろう。汗はかいてもいいが、恥はかきたくないといったところか。

8月6日 2時間を切る

080806_055401 たまたま泊まったホテルで、飛騨倫理法人会のMSが開かれており、出席する。ここ2、3カ月金沢のMSがご無沙汰ぎみなのだが、久しぶりの出席が他地域とは思わなかった。やはり倫理は自分を見つめなおせて良い。

高山市役所に行き、世界遺産登録に向けた取組みについて話を聞く。金沢市と同様に古い町並みを上手く残していくという共通のテーマがあり、無電柱化工事が進められている。現在普通に無電柱化を進めようと思うと、電線共同溝方式をやることになるのだが、高山市では昭和40年代に軒下配線が行われた地区がある。今は法律面などから新たに軒下配線を進めることは難しい側面もあるのだが、金沢市ではなんとか軒下配線080806_105902などの低コスト無 電柱化方式を進めたいという思惑がある。実際に現地に行き、軒下配線状況も視察する。高山市は初めてだったが、本当にいい町並みが残っている。ミシュランガイドで3つ星をもらったのもうなずける。まだ行ったことのない方はぜひ。高速ができて近いですよ。

8月5日 みちふぇち

080805_152201 今日から自民党金沢市議員会で、金沢市と観光交流都市協定を締結した岡崎市と高山市を行政視察である。移動はバスで、開通後間もない東海北陸自動車道を通る。とにかくトンネルの数が多い。移動のときはいい読書タイムなのだが、トンネルの明かりがチラチラして読みづらい。頑張って読むのだが疲れてくる。途中から読書をやめて、道路を堪能する。理解され難い表現かもしれないが、前職が舗装屋なので、道路を見続けていても飽きない。橋梁ジョイント部の施工が上手いなぁとか平坦性いいなぁとか一人でニヤニヤしながらいるのである。他人から見たらきっと気持ち悪がられるだろう。

080805_133501_2岡崎市役所に着き、中心市街地活性化策と観光交流都市協定締結後の取組みについて話をお聞きする。いろいろと思ったことがあり、一部は質問したが、質問を控えたものもある。あえてここでは詳しく書かない。

8月3日 一隅を照らす

中谷米吉氏の功績を讃える会に出席する。中谷氏は石川県内の犬に携わる人なら誰もが知っており、戦後間もないころから犬の訓練士として活躍し、石川県の犬関連の仕事に従事する方の草分けである。県内唯一の訓練師範でもあり、JKC(ジャパンケネルクラブ)の公認災害救助犬育成訓練所もお持ちである。犬に関わる人の中には中谷氏を師と仰ぐ人も多く、そういったこれまでの功績が認められて北国風雪賞を受賞されている。私も北海道犬保存会のお世話をさせていただいている関係で、来賓ということでお招きいただいた。地震災害などで災害救助犬の重要性は高く認識されており、今後のますますのご活躍を期待したい。

7月30日 復旧、道半ば

朝から産業企業、都市整備、市民福祉の3委員会合同での市内の災害状況の視察のため急遽召集される。湯涌方面や昌永町の被災状況をみて回り、各地域での要望を聞く。昌永町では金沢JCから数多くのボランティアが土砂の排出に汗を流していた。頭が下がる。080730_144401

委員会の視察には残念ながら舘町が入っていなかった。地元代表としてしっかりと要望を伝えなければと委員会終了後に単独で舘町に行く。先日要望した道路復旧はすでに始まっていた。本格復旧にはまだ時間がかかるだろうが、とりあえず人が歩くスペースはできており、すこし安心する。ただ、農業被害のほうはまだまだこれからである。馳代議士からいただいた国の情報や県、市のメニューを見ると農業被害を補償するようないい仕組みが無く、頭が痛い。どういうやり方ができるのか、今後のためにも新たな仕組みづくりも考えなければならないだろう。国県市がスクラムを組んで取り組む必要がある。

7月28日 浅野川はんらん

080728_093101 朝から崎浦分団の出動要請があり、地元の舘町へ行く。目の前にはこれまで見たこともないような光景が。浅野川から濁流が流れこむ。川沿いの納屋や車が流される。護岸のコンクリートが壊れて道路が崩壊する。自然の力の前にはなす術もない。避難命令が出たので、住民の方々を高台へ避難誘導する。さらに残っている人がいないか一軒一軒確認する。途中途中で市役所に現状を伝える電話を入れる。少し落ち着いてから畑も見に行く、桃の木や梨の木が無残な姿になっている。すぐに馳浩代議士に電話して国での対応をお願いする。

昼すぎには市役所に行き、道路崩壊地点の詳しい説明をする。舘町の在所の二ヶ所しかない入口の一つが崩壊したことから早期の復旧を強くお願いする。

7月26日 サウナスーツ?

朝から金沢JCのイベント「夕ぐれ祭り」のスタッフとしてはたらく。正午から祭り開始なのだが、それまでにやることがいろいろとある。とてもいい天気のため、すぐに汗だくになる。祭りを盛り上げるためにJCマンは浴衣か甚平を着るのだが、汗まみれの浴衣はとても気持ち悪い。汗かきついでに昼食はゴーゴーカレーを食べる。イベントの屋台のゴーゴーカレーにはカツが無く、別のお店で買ったカツをのせて無理矢理カツカレーにする。

夜が一番盛り上がる祭りなのだが、夕方からは娘が通う保育園の夏祭りに行くことに。しかも汗だくの浴衣ままで。ただ、祭りの雰囲気には浴衣がよく合う。今度の地元の盆踊りにも着ていこう。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »