フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 7月20日 共に成長する喜び | トップページ | 7月26日 サウナスーツ? »

7月24日 保育制度改革

日本保育推進連盟石川県支部の勉強会に参加する。文科省の「新しい幼児教育の在り方に関する調査研究」企画評価会議委員や厚労省社会保障審議会児童部会委員などをされている吉田正幸氏をお迎えして、保育制度改革の最新動向と今後の課題についてお話を伺う。

080724_140701_3今回の保育制度改革は労働人口の確保という面から出発している。特に女性の就業支援、ワークライフバランスを進めることで少しでも労働人口の減少を軽減したい思惑があり、「新待機児童ゼロ作戦」と銘打って10年間で100万人の利用者増を図るなどとしている。しかしながら、どんな施策にもついてまわる話だが、財源の問題を考えなければならない。さらに、保育士の人材確保も大きな問題である。ただ、どんな困難があろうともこの改革を進めなければ国力が低下していくだけである。国の将来を考えれば考えるほど、子どもたちにはもっとお金をかける必要がある。

吉田氏によれば、これから地方分権が進み、基礎的自治体が主役となってルール作りを進めていくことになるだろうとのこと。今まで以上に地方議会の役目は重要になるということだろう。これから金沢市が保育改革先進市と呼ばれるように尽力したい。   

« 7月20日 共に成長する喜び | トップページ | 7月26日 サウナスーツ? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 7月20日 共に成長する喜び | トップページ | 7月26日 サウナスーツ? »