フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

4月21日 サービス向上中?

お昼に議員総会。会派の人事についてと政務調査費の金額について話し合う。会派人事では昨年と同様に政務調査会の一員となる。政調費の金額については減額もやむなしといった話になる。これも時代の流れか。ただ、これにより活動の範囲を狭め、必要な出費を削るというわけにもいかないだろう。何が削ることができて、何が削れないか精査が必要だ。

夕方6時頃に知り合いが訪ねて来て、相談を受ける。自分の知識だけでは分からないことが多かったので、担当課に電話をかける。終業時間を超えていたが、快く応じてくれ、説明に来てほしいとのお願いにもしっかりと対応していただけた。時間外には対応してもらえないイメージを持っていたが、そんなことはないようだ。

4月19日 疲れ果てて帰宅

今日は第52回自由民主党金沢支部定例大会の日。これまで準備してきたものを持って、朝一から会場の東急ホテルに乗り込む。定例大会は午後1時からなのだが、その前に役員会や総務会などの決議を経なければならないので、なんともやることが多い。役員会から総務会に移る際も時間的な余裕がないため、朝の時点で定例大会までの全ての準備を終わらせておかなければならない。今日に限らず、こういうイベントでは少なからずイレギュラーが発生する。そのイレギュラーをいかにクリアするかがイベントの成否を決めるといっても過言ではない。省みると若干名ご迷惑をかけた方がいらっしゃったが、ほぼ成功と言えるのではないだろうか。

定例大会後は前参議院議員の片山虎之助さんの基調講演もあり、盛り沢山。片山さんは現職でなくなった今でも威厳あふれる方という印象で、お話もとても勉強になるものだった。昨年の岡山県民の選択は確実に間違いだったと断言してもいいだろう。ちなみに片山さんの御子息は金沢市内で働いておられるそうで、帰りのエレベータ前でお会いし、ご挨拶する。ハンサムだった。

4月16日 男伊達なら命をかけて

夜、第一消防団の梯子登りと木遣りくずしの合同練習に参加する。梯子登りと木遣りくずしの好きな方の練習に参加すればよいとのことだったので、前々から気になっていた木遣りくずしの練習をする。まわりはもう何年も練習をされているベテランばかり。なんとなくあわせながら歌う。歌をうたうのはスッキリするので好きである。しかも木遣りくずしの歌詞が分かったのでさらにスッキリである。また一つ金沢の文化に触れられた気がする。

4月15日 逆走

土曜日の支部大会の準備に追われていながらも、息抜きとばかりに夕方から21美で開催されている現代美術展を見に行く。知り合いの方の作品もあるということで、それを楽しみにしながら見て回る。21美(通称まるびぃ)は丸い美術館なので、入口がそこらじゅうにある。市役所側の入口から入り美術展を見始めると、ことごとく順路と書かれている矢印と逆周りをすることになった。全て見終わり気づいたことは、やはり石浦神社前にある入口が正面入口なんだということ。普段は市役所側入口でいいが、美術展などを見るときは正面入口に回る配慮が今後必要だということ。である。

それにしても出展数はかなりのもの。楽しかったし、見ごたえ十分だったが、鑑賞疲れしてしまった。みなさんにも鑑賞をオススメしますよ。あまり疲れていないときのほうがオススメです。

4月14日 テープ起こし

先日DVDとして頂いた模擬議会の映像を見ながら、会議録の作成にあたる。自分が話をしたところについては原稿があるので、それと照らし合わせながら、少しの修正のみで会議録が出来上がる。しかしながら、その他の方は原稿を頂いていないので、耳で聞いた言葉を文章にしなければならない。この作業にかなりの時間を費やす。聞き取りにくいところは何度も繰り返し同じ部分を聞いて、会議録を作成する。慣れない作業に相当疲れる。こういうものも何度もやれば疲れにくくなってくるのだろう。時間はかかるだろうが、なんとか終わらせてHPにアップさせる予定である。

そういえば、この作業、確か昔は「テープ起こし」と呼んでいたはず、現代ではなんと呼んでいるのだろうか。今の新聞記者の方々を見ると、ボイスレコーダを使っている。それでも「テープ起こし」と呼んでいるんだろうか。「レコード」と同じように「テープ」も昔の言葉になってしまった。

4月13日 皆勤継続中。

示野中町交差点にあるアトム運輸の会社前で馳代議士、北県議、玉野市議と供に街頭演説会。前回のハンドマイクとは違い。今回は自民党の街宣車の上で行う。予告されていた開始時間通りに示野についたが予定よりも早めに始ったようで、すでにメインの馳代議士が話をしていた。とりあえず上にあがって手を振りながら北県議に聞くと、すでに話終わったとのこと。司会役の玉野市議も話終えたらしい。今回は出番は無しだなと思いながら、その分、手を振ることに懸命になる。馳代議士の国政報告終了後、司会者から最後の締めくくりを任せるからと声がかかる。なんとか挨拶を終え、街頭演説会は終了する。最近、自分で自分の挨拶が気に入らないことが多い。勉強不足だろうか。

崎浦分団の分団長が4月から代わり、前任分団長の送別会に出席する。前分団長の挨拶では、分団に在籍していた27年間を振り返る内容に「ホントに長いこと頑張られていたんだな」とあらためて感じ入る。今後は大所高所から分団を見守って頂きたい。この席で、今年の操法に出るようにとの話が出る。よく分からないが「2番や」と言われる。「とにかく走るだけや」とのこと。なにごとも経験。

4月12日 いつくしみふかき

同級生の結婚式に顔を出す。式場は犀川沿いにあるモリス教会というところ。ちょっと遅れて式場に到着し、教会の外でのフラワーシャワーから参加する。つまり、かなり終盤。結局中には入らず、新郎新婦との記念撮影などをして失礼する。約7年前、私もこのモリス教会で結婚式を挙げており、思い出の地である。教会内のステンドグラスがとても綺麗だし、賛美歌も綺麗に響くので参加を楽しみにしていたが、ちょっと残念。他の友達がモリス教会で結婚するのを期待しよう。

4月10日 職員室の冷房

涌波日吉神社の春祭り。昨日の初日の神事にも顔を出したが、今日が本祭りなので参列する。昨年の今頃、同神社にて必勝を祈願して選挙戦に突入して以来、今日まであっという間に過ぎた感がある。祝詞奏上や玉串奉奠の際には、初心が思い起こされ、あらためてこれからの一年の精進を誓う。

祭りの終了後に市役所に行き、気になることがあったので教育総務課で話を聞く。市内の小中学校の職員室や校長室、保健室は、学校によっては冷房設備がついているが、まだのところも多い。現状と今後の整備予定を聞くと、約半数の学校が既設であり、残りは年に5校程度ずつ順次整備を進めていく予定という。聞きたかったことは保健室だけでも先に整備できないのかということ。保健室だけは職場環境の快適性とは別次元の話だと感じたからだ。夏の熱中症対策などを考えても必要なのではと考えてしまう。

今のところは校舎の耐震化を優先させる流れや国の補助金メニューとの絡み、一括整備よりもお金がかかるなど、保健室だけ先に整備するというのは難しいそうだが、年5校程度の整備ペースでは全校の保健室が冷房完備になるまでに10年程かかってしまう。もうちょっと調べてみる必要がありそうだ。

4月8日 首を長くして

今朝待ちに待ったものが私の元に届く。約一月前に行った模擬議会の映像が収められているDVDだ。HPで議事録をアップしたいと思っていたのだが、模擬議員の質問は原稿がなく、私も用意した原稿以外にも発言していたため、議事録の作成ができない状況にあった。

ラベルにはかっこいいデザインで「模擬議会」の文字でこだわりをみせてくれた。DVD作成をお願いした方には本当に感謝申し上げたい。早速映像を見てみると手ブレが気になる。模擬議会の当日、会場となったレストランゼストに急遽撮影を頼み、撮ってもらった貴重な映像なので文句は言えない。次回は三脚を事前に用意する必要がありそうだ。本当は映像もアップしようかと思っていたが、議事録だけになりそうである。

4月7日 強く正しく新しく

今日は金沢市内の小中学校で一斉に入学式が行われた。我が息子も小学校入学である。地元の南小立野小学校の入学式は来賓席で出席しても良かったが、他の親御さん方と一緒に保護者席で出席することにする。自らも出席しておいて言うのも何だが、父親の参加率がかなり高い。先日の卒園式でもそうだった。私の子どもの頃は入学式や卒業式で父親達の姿を見ることはほとんどなかった。今や父親も子育てに参加するという形が定着してきているようだ。

式の前半で保護者も含め全員起立で君が代を歌う。式次第ではその後に校歌斉唱とある。南小立野小学校の校歌が好きな私は、何十年ぶりに体育館で校歌を歌えると期待したが、歌ったのは6年生と教職員のみであった。しょうがなく保護者席で着席しながらボソボソとつぶやくように歌う。あらためていい歌だなぁと感じる。

昼からは城南中学校の入学式に出席する。こちらは来賓席で出席する。中学校では小学校のように在校生が式に出席していないので、君が代斉唱はあっても校歌斉唱はなし。久しぶりに城南中学校の校歌が聞けるかと思ったので、ちょっと物足りない感じ。

4月6日 ぽかぽか陽気

金沢市早朝ソフトボール連盟の合同開会式に出席する。東リーグと日曜リーグの副会長であることと、東リーグの会長が欠席するというので、優勝旗の返還を代わりに受け取るという役目を果たすため出席する。今回の開会式は韓国から円光大学女子ソフトボールチームをお迎えして行われた。昨年、連盟の韓国訪問団の一員として訪韓した際にお会いした方々との再会を喜び、ご挨拶する。

合同開会式終了後、あらためて東リーグと日曜リーグでそれぞれご挨拶する。東リーグでは私のチームがチーム名を「HIROHITOクラブ」に変更しての初試合。ユニフォームも新しい。時間が許す限り試合を見る。1点リードされているところで次の用事へ。後ろ髪を引かれる思い。

4月5日 特別リングサイド?

自由民主党石川県連大会。まずは受付のお手伝いをする。能登から加賀から沢山の方々がお越しになる。森代議士をはじめとして、国会議員も勢揃いする。受付の手伝いを終え、会場に入ると満席。しかたなく後ろのほうに立っていると、司会から「最前列が空いているのでお立ちの方はどうぞ」とアナウンスされる。図らずも最前列へ。目の前は森代議士。緊張。

今回の県連大会は特別講演として、森代議士のお話がプログラムに組み込まれる。これまでにないこと。最前列で楽しく聞かせてもらう。

4月4日 入会面接

昨年に引き続きお声がけを頂いた金沢青年会議所(JC)の入会面接を受ける。昨年は理由は分からないが面接開始直前になって話がダメになったので、最後までどうなるか不安な面もあったが、今年は無事に面接を終えることができた。それにしても面接なんてどれだけぶりだろうか、おそらく入社試験のとき以来だろう。理事長以下役員の方々に入会志望動機やJCの印象、金沢市に対する思い、新幹線開業に向けて必要と思うことは何かなど、いろいろと聞かれる。結果は後日ということなので、このブログで発表します。

4月1日 ガソリン安くなってた

知り合いの方から頼まれた案件を解決するため、役所に来ていただき担当課の方とお話をさせてもらう。二つの課でお話を聞いたが、どちらの課でも課長は辞令交付式の直後であり、まだまだ分からない点も多いからだろうが、若手の担当者が同席してくれていたので、スムーズに話が進んだ。移動直後にお話を伺うのもどうかなと思ったが、快く対応してくれたことに感謝したい。

市役所だけでなく各地で辞令交付などが行われただろう。4月1日だけにもらった辞令がウソであってほしいと願った人もいたのではないだろうか。私はなんだかんだであっという間に一日が終了。ウソは来年につくことにする。

3月30日 めざせ県代表

サッカー天皇杯の石川予選一回戦が始まる。大徳ペラーダというチームに親友がいるので、大豆田グラウンドまで応援にいく。一回戦の相手は金沢市役所チーム。相手が相手だけに、なんとなくスーツのままでは応援しづらいので、私服に着替えて応援する。もうすぐ4月というのにものすごく寒い。途中から雨も降ってくる。そんなコンディションのなか、前後半ともに2点を挙げ、4-0で勝利。他にも惜しいシーンもあり、もっと点が入っていてもおかしくない感じだった。素人目には圧勝という感じだったが、試合後のミーティングではもっとやれるはずだとの厳しい意見がでる。勝って兜の緒を締めよというところだろう。二回戦が早くも楽しみだ。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »