フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

4月26日 後片付け終了?

選挙直後からいろんな方に手伝ってもらって、事務所の片づけをしてきた。
私は挨拶まわりに出たきり戻ってこないので、妻とみなさんにお任せにした。
そして、今日全ての荷物を運び出し、掃除をして、事務所は空っぽになった。
辛いこと、楽しいこと、いろんなことがあった事務所ともお別れ。
なんだか寂しい感じもする。

今、自宅は荷物であふれている。困った。

4月25日 お礼まわり

選挙は終わったが、忙しさは相変わらず。
お礼の挨拶まわりがあるからだ。特に選挙後の一週間は非常に大切だ。
もしかすると、選挙前や選挙中よりも動いているかもしれない。
一週間で全て終えようというくらいの意気込みでやっているが、
実際には無理な話。どう頑張っても2ヶ月はかかるだろう。
しかも今はまだ任期前。5月2日からが任期。
仕事も入ってくるとなると、ますます挨拶まわりに行きにくくなる。
一息つけるのはいつになることやら。

4月24日 当選証書

午前中に市役所にて当選証書を受け取る。
今回当選した40人が五十音順にならび、一人ずつ名前を呼ばれる。
一人ずつ前に出て、証書を受け取る。
お隣の現職議員はまどろっこしいなぁと言わんばかりのけげん顔。
「全員にパァーっと配ればいいがに」と独り言。
私は初めての経験なので、まどろっこしいとは感じなかったが、
現職だとそんな風に感じるものなのかもしれない。

その後テレビのインタビューを受ける。
何でもそうかもしれないが、初めてのことなので緊張する。
「テレビ見たよ」と何人かの知り合いから携帯にメールが届く。
私は見ることが出来なかったが、どんな風に映っていたのだろうか。
気になる。
ご覧になった方、どんな感じでしたか?

4月23日 4652

久しぶりのブログ。昨日で選挙戦が終了。
自分にとっては想像をはるかに超える好成績。
本当にいろいろな方々のお力添えに感謝したい。

朝から家の電話、携帯電話、携帯メールが鳴りっぱなし。
電報もたくさん頂く。本当にありがたい。

ここからが本当のスタート。

4月14日 あすから選挙戦

今日までで後援会活動は終了。いよいよ明日から市議会議員選挙が始まる。
今日は最後の最後まで粘りの後援会活動を展開した。

明日は涌波日吉神社にて午前11時から必勝祈願祭が行われる。
そして、ブログ更新も一旦ストップすることになる。
みなさんにいい報告ができるよう頑張ります。

フワヒロヒト、不破大仁、ふわひろひとをよろしくお願いします。

4月13日 真夜中アンケート

おとといから頼まれていた新聞社のアンケートを今日提出した。
正確にはもっと前から頼まれていたが、後回しにしていて、
おととい言われるまでスッカリ忘れていた。
その日の内に書くつもりだったが、事務所からの帰宅が深夜となり、
しかもアンケートが見つからず、睡魔に勝てずに断念した。

昨日の朝、車の中でアンケートを発見した。
一日のスケジュールを終えて、帰宅はまた深夜に。
家に帰ると新聞社からFAX。「あとは不破さんだけです」
そう言われると、やはり焦る。

かなり眠かったが、頑張って書く。
眠さで頭の回転も悪かったのだろうが、(いいわけ)
20文字以内という字数制限に四苦八苦する。
そう考えると、字数制限を強いられる俳人や新聞記者ってスゴイ。
俳句でも習おうかな。

4月12日 大勢でおしかける?

地元では基本的に一人で挨拶廻りをしている。
始めた頃は、一人だと大変だと思った。
しかしいろいろな方にお会いし、話をしているうちに
一人では無いと気づかされた。

「あんたのおじさんにはいつも世話になっとる」
「あなたのお母さんとは同級生なの」
「お父さん元気か。わしは昔からの友人だ」
「ほんとにおばあちゃんには良くしてもらった」
「うちの息子と不破さんの子と保育園で同じクラスです」
ほんとにいろんな声を聞くことができた。

その本人の姿は見えなくても、一緒に歩いている。
そう思えるようになってから、「一人」が「一人」で無くなった。

今日も歩いた。大勢引き連れて。

4月11日 立候補書類の事前審査

先週の土曜日に1回目の立候補の届出書類の審査を受けた。
で、不備のあった点を直して、今日再審査を受けた。
結果、事前審査合格をいただく。よかった。

今日は事務所の人に行ってもらったが、1回目は私が行った。
選管の人に「候補者本人が来てる陣営って他にありますか」と
訪ねたら、「不破さんだけです」との答え。
何事も経験と思って行ったのだが、新人が多いので、
候補者本人が来たのが、私だけというのは意外だった。

母親がインフルエンザにかかってしまった。恐い。次は誰だ。

4月10日 ピークは過ぎたというけれど

昨日から娘がインフルエンザにかかってしまった。
お医者さんの話では今年のインフルエンザは「一家全滅型」
なのだそうだ。おそらくあっという間に家族中に広まるのだろう。
今日も娘は保育園を休み、家で寝ていた。
私と妻は忙しくて、気にはなるが、看られないので母親にお願いした。
タミフルを飲ませているので、誰かの目がないと正直不安というのもある。

私は今日もとにかく廻りつづけた。

4月9日 追い込みスタート

県議選で休止していた後援会活動が再開。あと1週間。
目一杯の活動を展開していかなければならない。

企業挨拶と地元ローラーの繰り返し。とにかく廻る。
そんな中で、眼科へ。
使い捨てコンタクトを使用しているが、切れてしまった。
県議選中にチェックして行っておけばよかった。
と、後悔してもしょうがないので、眼科へ。
先生からエールをもらう。行ってよかった。

4月8日 良い事は続けてほしい

県議選の投票のため南小立野小学校へ。
今回から体育館ではなく、玄関のすぐ横の教室が
投票場所になっていた。
靴を脱ぐ必要もないし、歩く距離も少しですむので、
大変便利に感じた。
人の回転率が良いからなのか、駐車場が満車に
なりそうで、なかなかならない。
今後はこのスタイルで続けてほしい。

夜、某県議の事務所に行く。無事に当選できた。
一緒にバンザイをする。
明日からは私の最後の追い込みだ。
いい結果が得られるように頑張りたい。

4月7日 連日の同級生

夜中の3時過ぎに消防のサイレンで目覚める。
すぐに情報収集して地図を調べる。知っているお宅。
慌てる。
さらに情報収集。時間が時間だけに難しい。
大したことはないとの情報を得て一安心。

昼、前日に引き続き高校の同級生に集まってもらう。
ラストスパートには同級生の力は不可欠。
本当にありがたい。

4月6日 有り難い存在

いよいよ日が迫ってきた。中学校の同級生に事務所に集まってもらい、
最後の追い込みへの協力をお願いする。
同級生というのは本当にありがたい存在である。
みんなの気持ち、助けをなんとか結果に結び付けたい。
それが一番のお礼になると思うから。

4月5日 祈願祭の段取り

4月15日11時から必勝祈願祭と出陣式を涌波日吉神社で行う。
ということは決めた。
後は決めなきゃならないことばかり。
案内状のこと、玉串奉奠のこと、来賓のこと、駐車場のこと。
あんまり日がない。気が焦る。

決起大会の日も19日19時から南小立野小学校体育館と決めたが、
こちらには全然手が回らない。しょうがない。

4月4日 この道をゆけば

何年か前、10年前だった気がするが、アントニオ猪木が引退した日である。
当時、東京ドームまで試合を見に行った。引退の言葉は有名になった。
ファンだった私はその言葉を覚えたし、今でも覚えている。
何かに迷ったとき、この時の言葉が自分の背中を押してくれる。
選挙に出ようか悩んだときも後押ししてくれた言葉だった。
そんなことを思い出しながら、今夜も県議選の応援弁士。

4月3日 選挙公報って

選挙公報を考えている。見やすさやデザインなどを考えると
与えられたスペースはかなり狭い。いろいろとは書けない。
もうちょっと悩むことになりそうだ。

さて、一生懸命考えることには変わりないが、果たして選挙
公報って読まれてるんだろうか。

余計なことは考えないでおこう。

4月2日 先送りできない

県議選が始まるまでは、目一杯挨拶廻りに時間を費やしてきた。
事務所の運営というか、事務方作業というか、そういうものは
正直見て見ぬふりをしてきた。

その結果、やらなきゃいけない事務的な事が沢山たまっている。
さっさっさー とは片付けられないことばかり。
ひとつひとつこなしていく以外ない。

4月1日 早朝ソフト開会式

早朝ソフトボール連盟(全5連盟)の合同開会式に顔を出す。
いろいろなチームから沢山の人が参加していたが、
自衛隊チームだけプラカードを持つ人のみの参加。
その他の人達は能登半島地震の復旧作業のため現地入りとのこと。
頭が下がる。
式典の中では馳代議士もそのことに触れて挨拶していた。

7ヶ月間の長丁場、リーグ戦が始まる。

3月31日 大物が前座って・・・

夜、某県議のミニ集会の応援弁士として話をさせてもらうことに。
直前の用事の関係で、会場到着が遅れてしまう。
到着すると、県議の話はもうとっくに終わっていて、
その後に馳代議士がお話をされていた。

「お、不破君が来ました。これにて私の前座は終わります。」
と締めくくりの言葉。
代議士に「前座」と言われてちょっと焦る。
せっかく暖めて頂いた会場の空気。
自分の番で尻すぼみさせるわけにはいかない。

とにかく元気良くを心がけて話をした。
まあまあうまくいったのではないかと思う。
いい経験をさせてもらった。

3月30日 県議選スタート

いよいよ県議選がスタートした。某県議の祈願祭に参加する。
段取り良く、事が進んでいく。支持者の熱気もすごい。
自分の祈願祭はこんなに段取り良く進むのだろうか。
人が集まってくれるのだろうか。などと余計な心配事を考えたりもする。

昼、以前推薦を頂いたある団体の会合に顔を出す。
その団体は急遽、別の市議候補にも推薦を出すことになった。
今回の大激戦に、どの候補もなりふり構っていられない状況である。
その団体の方に聞くと、どうしても断れないルートからの依頼だったそうだ。
ほんとうに先の見えない戦いだ。ただただ頑張るしかない。

3月29日 ムードが盛り上がってきた

急遽の予定変更などがあり、会合や人と会う約束が全くない一日になった。
めずらしいし、ちょっとうれしい。丸一日地元を歩く。歩く。歩く。

ちょっと休んでまた歩く。歩く。歩く。体の疲れに比例してか、充実感がある。
明日から県議選なので、今日中に沢山歩いておこうという心理もはたらく。

以前に比べると訪問先のみなさんも随分と選挙モードになってきたようだ。
対応が手慣れてるなと感じることもあった。

3月28日 あえて遠慮しない

挨拶まわりの時に仲良くなった方にお願いして、車を置かせてもらう。
近くを廻る際はいつでも遠慮なく停めまっしと言ってもらう。ありがたい。

帰りに一言ありがとうを言おうと訪ねると、
コーヒーとお茶菓子で、もてなしを受ける。
車を置かせてもらった上、コーヒーまでいただくなんて、本当にうれしい。
甘いお菓子と心遣いに疲れも吹っ飛んだ。

3月27日 床屋さんの指摘

床屋で散髪してもらう。随分久しぶりの床屋な気がする。
選挙が終わるまでは来れないだろうから、短めにしてもらう。

床屋のテレビはセンバツ高校野球。ここまで、全く見ていない。
「石川から出場してるの?」との問いに、
「おまえ相当余裕ないなぁ、大丈夫か?」と笑いながら言われる。

素の質問だった。確かに余裕ないんだな。

3月26日 いきなりトップギアに

朝、普通に家でごはんを食べようと思っていたら、電話連絡が入る。
一瞬思考がとまる。朝食会があることをスッカリ忘れていた。
急いで準備して、慌てて家を出る。大遅刻は確定。でも急ぐ。

着くとみなさんはもう食事が済んで、コーヒーを飲みながら
いろいろとお話をしている。その横で、一人黙々と食事。
食べ終わって、話に参加しようとするのとほぼ同時に会は終了。

たまにポカすることがある。気をつけねば。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »